→ TOPページ > 「シムソンズ」女子高生、カーリングにキラキラを見つける。
青春ドラマ
「シムソンズ」女子高生、カーリングにキラキラを見つける。
シムソンズ 通常版 出演:加藤ローサ, 藤井美菜, 高橋真唯, 星井七瀬
   大泉洋, その他
監督:佐藤祐市
製作年/製作国:2006年/日本

ソルトレークシティ・オリンピック(2002年)に出場した女子カーリングチーム「シムソンズ」をモデルに、カーリングにのめり込む女子高生達を描いた物語です。
あらすじ…北海道常呂町の女子高生、伊藤和子は刺激の無い毎日につまらなさを感じ、 親友の林田史江と喫茶店で喋り込んでは鬱憤をはらしていました。そんなある日、長野五輪にカーリングで出場した常呂町の英雄、 加藤真人が凱旋試合をしに戻っていると知った彼女は、憧れの「真人様」を応援する為に試合会場へとやって来ます。

会場で真人のチームの中に同級生の尾中美希がいるのを見つけた和子。無愛想な美希と真人様が親しげに喋っていることに動揺した彼女は、 納得いかないまま会場から出てきますが、帰る途中で真人の直筆サイン入りブラシが副賞のカーリング大会のお知らせを見つけ立ち止まります。 そこへ運よく真人が通りかかります。

真人に「カーリング経験者?」と聞かれ思わず「ハイ!」と嘘を付いた和子は、彼の「大会参加チームを作ってみないか?」という提案を受けてしまいます。 カーリングは1チーム4人。とりあえず渋々の史江を巻き込んだ彼女は、家が牧場の同級生、小野菜摘のデッキブラシ捌きに惚れ込み彼女もチームに加えます。

新生チームに「シムソンズ」と名付け、練習場で真人が紹介してくれた4人目のメンバーを待つ和子達。 そこへ現れたのは美希と真人の代役コーチ大宮平太でした。それを見ていろいろ失望した和子は帰ろうとしますが、 平太から真人が試合に期待していると聞かされ、思い直した彼女は何はともあれ大会に向け練習を始めます…。
先輩への憧れから、今まで縁が無かった地元のメジャー・スポーツ「カーリング」を始めた女子高生が、仲間達との紆余曲折を経て大会参加を目指します。 単純明快な青春物語ですが、その分かりやすさから気楽に楽しめると思います。 カーリングが上達していく過程をもう少し見たい気がしますが、まずまず面白い映画だと思います。

実在のカーリング・チーム「シムソンズ」とそのメンバーがモデルですが、実際の経歴と映画の中の展開には違いが多いようです。 チーム結成から初得点が取れた大会までを、かなりの脚色でドラマチックに演出してありますので、 全くドキュメンタリー的な部分は無く、一つの青春ドラマとして楽しむことが出来ます。

トリノ・オリンピック(2006年)の「チーム青森」の活躍で一躍注目を浴びたカーリング。欧米では歴史の長いこの競技も日本人はまだまだ知識不足。ルールすら 知っている人は少ないはずです。しかし、この映画ではカーリング未経験の主人公に合わせて基本説明が入りますので、ゲームは理解できる様になっています。

若者達が協力して何かを成し遂げていくというのが見ていて清々しいです。 類似映画の「ピンポン」「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」などと比べると粗さが見えますが、 その次ぐらいにはランキングしてくるのではないかと思います。今度から実際のカーリングを見ても少し楽しめそうです。
「シムソンズ」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2007年01月20日 | コメント(0)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック

映画DVD「シムソンズ」
Excerpt:2005年 日本 監督:佐藤祐市 主演:加藤ローサ   ■ストーリー カーリングしかない北海道常呂町を舞台に カーリングのスター選手にあこがれ ひょん..
Weblog:映画DVDがそこにある。
Tracked:2007-09-08 20:39
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。