→ TOPページ > 「単騎、千里を走る。」余命僅かな息子の為に、父、千里を走る。
ヒューマンドラマ
「単騎、千里を走る。」余命僅かな息子の為に、父、千里を走る。
単騎、千里を走る。 出演:高倉健, 寺島しのぶ, チュー・リン, その他
監督:チャン・イーモウ, 降旗康男
製作年/製作国:2005年/中国, 日本

チャン・イーモウ監督の「いつか高倉さんの映画を撮りたい」という願いが成就した作品。息子と絶縁状態だった父が、息子の夢を叶える為に中国を旅します。
あらすじ…ある日、漁師の高田剛一は、 息子の嫁、理恵から息子が重病で倒れたとの知らせを受けます。妻を亡くして以来、息子との間がギクシャクし始め、とうとう絶縁状態にあった彼は、 状況を打開したい気持ちと理恵の勧めから息子の入院先へとやって来ますが、理恵の説得の甲斐なく息子は面会を拒み、一人病院を去ることになります。

しかし、そんな義父のやり切れない気持ちを汲んだ理恵は、剛一を追いかけ夫の仕事ぶりを録画した1本のビデオ・テープを渡します。 そこには中国仮面劇を研究していた息子の出演番組が録画されており、 そのテープを見た剛一は、息子が「千里走単騎」という劇を撮影しに中国へ再訪しようとしていたことを知ります。

息子の叶えられなくなった夢を知り、理恵にも内緒で息子の代わりに中国へ渡る決心をした剛一。数日後、中国の麗江市に降り立った彼は、 息子が撮影しようとしていた「千里走単騎」の演者、李加民を探して李村へとやって来ますが、 現地ガイドの邱林から李加民が傷害で投獄されたと聞かされ、到着早々困り果てます。

最早余命僅かかもしれない息子の為、何としても李加民の演舞を撮影したい剛一は、幾多の難題を乗り越え遂に刑務所内での演武撮影の許可を得ます。 しかし、いざ撮影を始めると李加民は会えない子供を想い泣き始め、撮影の中止を余儀なくされます。 それを見て自分と息子を重ねた剛一は、李加民の子供に会いに行こうと思い立ちます…。
文化大革命以前、革命京劇を繰り返し見るしかなかったチャン・イーモウ監督は、文革後に見られるようになった日本のアクション映画に釘付けになったそうです。 その後、憧れの高倉健さんと映画を撮りたいという気持ちを温め続けた監督は、2000年夏から企画を練り始め、遂にこの映画を完成させるに至りました。

高倉健さんのイメージ通り(?)怖いぐらい無口な主人公ですが、それが災いしてか妻の死を切欠に息子と仲違いをしてしまいます。 その後、音信不通だった息子が余命僅かと知った彼は、息子の夢を受け継いで中国を旅することになります。 彼の息子への想いが人々の心を動かし、彼もまた人々の優しさに心打たれます。

最も有名な日本人俳優の一人である高倉健さんですが、若年層には健さんの映画を見たことが無い人も多いと思います。 実はオシャベリ好きという話はよく聞きますが、ストイックで実直な人柄は紛れも無いそうで、監督の狙いなのかこの映画はそれがにじみ出ています。 男気溢れる健さんを始めて見るにはオススメの作品です。

そこそこ感動させられる映画です。近年のチャン・イーモウ監督作品としては「HERO」や「LOVERS」などが思い浮かびますが、 そういったワイヤー・アクションの武侠映画よりは、「初恋のきた道」のような主演俳優を活かした人間ドラマになっています。 いつか日中両国の関係も、この映画のように協力できたらと思います。
「単騎、千里を走る。」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2007年01月15日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/31461496
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。