→ TOPページ > 「スピリット」慢心から家族を失った武術家の再起の物語。
伝記
「スピリット」慢心から家族を失った武術家の再起の物語。
SPIRIT<スピリット> 出演:ジェット・リー, 中村獅童, スン・リー, 他
監督:ロニー・ユー
製作年/製作国:2006年/香港, アメリカ

実在した武術家、霍元甲(フォ・ユァンジャ)の生涯を描いた作品。慢心から家族を失った武術家が、武道の何たるかを見つめ直して再び立ち上がります。
あらすじ…天津で暮らす病弱な少年だったフォは、 高名な武術家の父に憧れ、自分も強くなりたいと思うようになります。しかし、少年を心配する父はフォに武術を教えようとせず、 そのことがかえってフォの思いを強くさせてしまいます。月日は流れ、稽古を盗み見ては真似をしていた少年は、やがて天津で名を轟かせる武術家へと成長します。

父親以上の名声を手に入れ、慢心から決闘に決闘を重ねるフォ。幼馴染のノンは彼の傲慢をたしなめ、誰彼なく弟子を取ることを止めるように忠告しますが、 最早天津で倒すべき相手が一人となったフォはそれを無視します。そんなある日、フォの弟子の一人が、倒すべき最後の一人チンにやられて担ぎ込まれて来ます。

頭に血が上ったフォはチンをけしかけ、苦闘の末に彼を倒しますが、その代償にノンとは絶交状態となり、更にチンの義子の報復で家族を殺されてしまいます。 絶望の中で逆上するフォでしたが、チンの義子が自殺してしまい、一件が自分の弟子の不道徳から起こったと知った彼は、全てを捨てて当てのない旅に出ます。

数千キロを彷徨い行き倒れたフォ。運よく老婆スンと孫娘ユエツーに助けられた彼は、彼女達が暮らすのどかな山村で過ごすことになります。 その後、自然との暮らしの中で強さの意味を考え抜いたフォは、ようやく家族の墓参りに戻る決心をします。 その頃、天津では中国人の武術家がアメリカ人の格闘家に次々と倒される事態が起こっていました…。
中国静海(天津)出身の武術家フォ・ユァンジャの伝記物語です。「少林寺」など数々のマーシャルアーツ映画で実績を残してきたジェット・リー主演です。 彼は40歳を回っているとは言え未だ身体能力は素晴らしく、全く危なげない演武を見せてくれます。やはり現役アクション・スターの中でも武術の腕前は最高です。

典型的なカンフー映画で、見せ場は格闘アクションにあります。物語自体はとても単純なので、「面白くない」と感想を持つ方もいると思います。 しかし、盲目の女性ユエツーや最後の武術大会に登場する田中安野など、 なかなか魅力的なキャラクターも登場しますので、武術主体の映画としてはしっかりしていると思います。

ジェット・リーはこの映画を最後に武術映画の出演を止めると公言しています。 DVDには自らその辺の事を語っている特典映像が入っていますので、見ておいて損は無いかと思います。 前年に公開した「ダニー・ザ・ドッグ」では、 既に彼が演武から演技に重心を移そうとしている試行錯誤が感じられます。今後にも期待したいところです。
「SPIRIT<スピリット>」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2007年01月11日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。