→ TOPページ > 「ニュー・ワールド」アメリカ先住民と英国人入植者の切ない恋。
ラブ・ロマンス
「ニュー・ワールド」アメリカ先住民と英国人入植者の切ない恋。
ニュー・ワールド コレクターズ・エディション 出演:コリン・ファレル, クリスチャン・ベール
   クオリンカ・キルヒャー, その他
監督:テレンス・マリック
製作年/製作国:2005年/アメリカ

 アメリカ先住民の少女と二人のイギリス人入植者のラブ・ストーリー。史実がモチーフですが、物語はロマンティックに脚色されて伝わっているそうです。
あらすじ…1607年、 新大陸の開拓を目指すイギリス人の一団が、北アメリカのテナコマカに辿り着き、上陸後、初の入植地ジェームズタウンを建設し始めます。 しかし、未開の地での自給自足は困難を極め、思案した船長は元軍人のジョン・スミスに先住民との貿易交渉を命じ、自身は物資補給の為に本国へ帰還します。

早速、その地域の王ポウハタンに会う為、内陸へと川を上るスミスでしたが、気が付けば先住民の戦士に捕らえられ、あわや命を奪われそうになります。 しかし、間一髪ボウハタンの末娘ポカホンタスの助けで救われた彼は、王の命令で彼女に海外のことを教えながら、その地で捕虜として暮らすことになります。

穏やかな日々の中で、いつしかポカホンタスと互いを慕うようになったスミス。しかし、ボウハタンは春にイギリスに引き上げることを条件に彼を解放します。 複雑な気持ちで入植地に戻ったスミスでしたが、飢えや疫病で苦しんでいた同胞達からリーダーとして迎え入れられ、開拓の指揮を取ることになります。

一向に自給自足がままならないまま冬を向かえ、戻らぬ船長を待ち続ける入植者達。 彼らのピンチは、父に内緒で食べ物を持って来てくれたポカホンタスに救われます。 しかし、春になっても立ち去らぬイギリス人達に業を煮やしたボウハタンは遂に総攻撃を行い、異国人と恋に落ちた娘を追放処分にしてしまいます…。
1600年代初め、ヴァージニア東部であった史実を基に脚色して描かれた映画です。ネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタス(本名マトアカ、 後にレベッカ・ロルフ)と、開拓に訪れたイギリス人ジョン・スミス、彼女と結婚することになるジョン・ロルフによる、ちょっと切ないラブ・ストーリーです。

ポカホンタスの人生は激動しますが、映画自体は悠久の時の流れの中からすくい取ったような感じで、ケレン味の無いゆったりとした雰囲気です。とは言っても、 およそ10年間分のストーリーが2時間強に詰め込まれていますので、入植者と先住民の関係の移り変わりが飛んだりします。一部脳内補完が必要です。

主要な人物のキャスティングが良いです。運命に翻弄されながらも純粋無垢なポカホンタス、軍人冒険家の気性で愛情表現が下手なジョン・スミス、 辛い立場に立たされても尚優しいジョン・ロルフ。それぞれの役者さんが静かに力強く演じておられるので、過剰な演出はなくとも物語に底力が感じられます。

アップ・テンポな映画が好きな方には受けが悪そうです。「面白かった」ではなく「良かった」と言う感じで、商業的より芸術的な価値が高い気がします。 いわばアメリカの古典的恋愛物語ですので、日本のそれと同じような感動が味わえると楽しめると思います。将来見直しても感動の色褪せが少なそうな映画です。
「ニュー・ワールド」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年12月24日 | コメント(0)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/30154604
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

バグダッドのパウエル 帝国の社会病質者
Excerpt:2003年9月16日 KURT NIMMO 「私たちがネジ回しやクリネックスを使
Weblog:マスコミに載らない海外記事
Tracked:2008-01-26 02:31
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。