→ TOPページ > 「かもめ食堂」ヘルシンキで凛と生きる日本人女性の物語。
ヒューマンドラマ
「かもめ食堂」ヘルシンキで凛と生きる日本人女性の物語。
かもめ食堂 出演:小林聡美, 片桐はいり, もたいまさこ
   ヤルッコ・ニエミ, マルック・ペルトラ, その他
監督:荻上直子
製作年/製作国:2005年/日本

群ようこさんが、本作の為に書き下ろした小説が原作。フィンランドにある日本人女性が営む食堂を舞台に、客や店員の日常を描いたほのぼの系(?)映画です。
あらすじ… 日本とロシアを挟む位置にある北欧の国フィンランド。 その首都ヘルシンキの街角に、日本人女性サチエが営む「かもめ食堂」がオープンします。しかし、 見慣れない日本人のお店には、外から覗く人はあってもお客さんはゼロ。それでもサチエは自分のライフスタイルを大事にし、毎日のんびりお店を開け続けます。

そんなある日、遂にかもめ食堂にお客さん第一号がやって来ます。扉を開けて入ってきたのは、日本オタクの青年トンミ。 サチエと会話を楽しんでいた彼は、突然彼女にアニメ「ガッチャマン」の歌詞を教えて欲しいとせがみます。 しかし、いざ歌ってみようとしたサチエは、「誰だ誰だ誰だ」の後がどうしても思い出せませんでした。

記念すべき初めての客トンミに永遠の珈琲無料を約束したサチエ。閉店後も歌詞のことで頭がイッパイの彼女は、 図書館で見かけた日本人女性ミドリに意を決して歌詞を訪ねます。 怪訝な顔をしながらも歌詞を全て書いてくれた彼女に感謝したサチエは、訳有りで当ても無くフィンランドにやって来たミドリを泊めることにします。

しばらくして、食堂を手伝い始めたミドリ。相変わらずトンミしかこないお店を少しでも賑やかにしたいと考えた彼女は、サチエに色々と提案をします。 おにぎりにこだわっていたサチエもシナモンロールに挑戦したりして、少しずつお客さんが増え始めます。 そんな頃、また一人訳有りの女性マサコがかもめ食堂を訪れます…。
とても淡々とした感じの映画ですが、物語の中身が登場人物の日常だけかと言えばそうでもなく、平凡な日々の中で起こるちょっとした非日常が描かれています。 素朴で落ち着いた雰囲気のフィンランドを背景に、馴染みの薄い日本人が食堂を経営しているという状況が、この映画全体のムードを表していると思います。

小林聡美さん演じるサチエがとてもいいです。身寄りの無いフィンランドで凛として生きる姿が清々しいです。観光で訪れた日本人にアピールしたりせず、 あくまで地元の人が気軽に楽しめる食堂を目指し、毎日コツコツキッチリとお店を開け続ける。でも、おにぎりにはこだわる。そんなところが潔いです。

ミドリ役の片桐はいりさんとマサコ役のもたいまさこさんも凄くいいです。お二人とも独特の雰囲気がある女優さんですが、 映画の中でもその持ち味を遺憾なく発揮されています。とにかく三人の会話が絶妙で、 お互いの距離感や気遣いに嫌味が無いです。ウイットの効いた言い回しや仕草も、小技になっていて面白いです。

この映画を見ると凄くフィンランドに憧れます。牧歌的な印象以外にも経済や教育、社会制度が充実しているイメージがあり、 何より人々が人間らしく生きているという豊かな感じに惹かれます。 毎日仕事をコツコツやっても、目的意識が低かったり目標設定を間違えれば、いずれ退場になる日本とはかなり違う雰囲気です。
「かもめ食堂」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年12月14日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/29639927
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。