→ TOPページ > 「ホテル・ルワンダ」虐殺から1200余名の命を救った男の物語。
実話・史劇
「ホテル・ルワンダ」虐殺から1200余名の命を救った男の物語。
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション 出演:ドン・チードル, ソフィー・オコネドー, その他
監督:テリー・ジョージ
製作年/製作国:2004年/英, 伊, 南ア

1994年、ルワンダ紛争で起こったツチ族大量虐殺の中、高級ホテルのマネージャーだった男が、1200余名の人命を救った実話を基に作られた映画です。
あらすじ… 1994年、フツ族とツチ族が対立するルワンダ。 外資系高級ホテル「ミル・コリン」の支配人で、政権を握る多数派フツ族出身のポール・ルセサバキナは、妻タチアナがツチ族であったことから、 両族のにらみ合いに頭を悩ませていました。そんな彼は、ある晩仕事から帰る途中、自宅付近で火の手が上がっているのを見つけます。

あわてて戻った家で、妻子や知人達が怯えて隠れているのを見つけたポールは、 彼らからフツ族大統領が何者かに暗殺されたことを知らされ耳を疑います。「和平合意が成されているのにそんなはずはない!」。 そう思いたいポールの願いもむなしく、この事件がフツ族によるツチ族大量虐殺の切欠になってしまいます。

風雲急を告げる中、ミル・コリンなら外資系の上、国連軍もいるので比較的安全だと考えたポールは、 事態が沈静化するまで知人のツチ族をホテルにかくまうことにします。 しかし、日増しに状況は深刻になっていき、ポール達を守ってくれていたオリバー平和維持軍大佐の尽力もむなしく、軍大半の撤退が決まってしまいます。

突然後ろ盾が無くなり、世界から見た自分達が如何に儚い存在か気付いたポール。そんな絶望的な情勢を経た彼は、自分達の力で生き残る方法を模索し始めます。 しかし、暴徒と化したフツ族市民軍は目前まで迫り、その頃、彼が見捨てられずに受け入れ始めた避難民達は、1200人以上に膨れ上がっていました…。
2004年のアカデミー賞や2005年のゴールデングローブ賞にノミネートされていた作品ですが、海外の評価とは裏腹に日本では配給会社が二の足を踏んだ為、 未公開になりかけた作品です。しかし、熱心に署名活動をされた団体のおかげで配給が決まり、2006年の正月第2弾映画として日本公開されるに至っています。

1994年に起こったルワンダ大量虐殺を、首都キガリにあるベルギー系高級ホテルの支配人の目を通して描いています。 殺戮の残酷さを描くことで紛争の悲惨さを訴えるのではなく、主人公の心情やその人生に起こった出来事を力強い人間ドラマとして描いています。 複雑なものを単純化し過ぎた感じはありますが見やすいです。

この映画に登場するオリバー平和維持軍大佐は、複数の人物をモデルに作られたそうですが、彼の苦悩や国連の対応のまずさはとてもリアルです。 絶望的な状況下で世界の中の自分の位置付けに気付くポール。最初は家族だけを守ろうと必死になっていた彼が、いつしか1200余名を救うに至る物語に感動します。

「アフリカのシンドラー」と謳われていますが、確かにスピルバーグ監督の「シンドラーのリスト」や、 日本のシンドラーと言われる杉原千畝さんを彷彿とさせます。真実のジェノサイド(大量虐殺)は政治的な側面からも映画化が難しいと言われますが、 この映画のどの程度がフィクションかに係わらず、見ておく価値は高いと思います。
「ホテル・ルワンダ」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年12月12日 | コメント(0)を読む | トラックバック(3)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/29467145
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

映画「ホテル・ルワンダ」
Excerpt:原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル"ミル・コリン"にかくまう支配人の物語。 ..
Weblog:茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked:2006-12-18 00:12

『ホテル・ルワンダ』を観たぞ〜!
Excerpt:『ホテル・ルワンダ』を観ましたルワンダ事件(100日で100万人が虐殺された)を背景に、愛する家族を守りたいという想いをきっかけに1200人もの命を救ったホテルマンの行動を描いた実録社会派ドラマです>..
Weblog:おきらく楽天 映画生活
Tracked:2007-09-17 23:05

愛する家族を守りたい。ただ1つの強い思いが1200人の命を救った・・・。―真実の物語―「ホテル・ルワンダ」
Excerpt:
Weblog:Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked:2011-10-15 01:23
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。