→ TOPページ > 「スタンドアップ」逆境に負けず蔑視と戦った女性の物語。
実話・史劇
「スタンドアップ」逆境に負けず蔑視と戦った女性の物語。
スタンドアップ 特別版 出演:シャーリーズ・セロン, ショーン・ビーン
   フランシス・マクドーマンド, その他
監督:ニキ・カーロ
製作年/製作国:2005年/アメリカ

クララ・ビンガームとローラ・リーディー・ガンスラーの「集団訴訟」が原作。 鉱山で働くシングル・マザーがセクハラに立ち向かう、実話が基の物語です。
あらすじ…夫の暴力に耐えかねて、故郷の北ミネソタに戻ってきたジョージー。 しかし、古い鉱山の町は、父親の違う二人の子供を連れて帰ってきた彼女に好意的ではありませんでした。 町の住民だけでなく父親からも冷たくあしらわれたジョージーは、旧友のグローリー宅へ転がり込み、彼女が働く鉱山の職を紹介してもらいます。

職を得たことで給料のめどが立ち、ローンで家族3人が暮らす家も手に入れたジョージーでしたが、男の職場へ入り込んできた彼女を待っていたのは、 露骨な嫌がらせと剥き出しの敵意でした。日増しにイタズラが過激になる中、数や体力で圧倒的に不利な女性労働者達は、耐え忍ぶことを余儀なくされます。

私生活でもいわれの無い暴言を浴び、息子サミーが鉱山労働者の子供達から疎外されているのを見たジョージー。 彼女は弁護士のビルに職場での迫害を相談しますが、我慢するか職場を変えるよう言われてしまいます。 その後、社長に直談判に行くも退職を勧められ、その行為が更に彼女への迫害を強くしてしまいます。

最早諦めるしかない状態で、仕事も生活もボロボロのジョージーは、頼りにしていたグローリーまで病気で退職してしまい、無力に打ちひしがれます。 しかし、ビルから「集団訴訟に持ち込めば勝てるかもしれない」と聞かされた彼女は、最後の望みを託し、最初の一人として立ち上がる決心をします…。
「モンスター」でアカデミー主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロンが主演です。凄い役どころにも果敢に挑み、唸らせる演技を見せてくれる女優さんです。 こういう言い方は映画の趣旨からしても失礼だと思いますが、正直「キレイなのに凄い」と思ってしまいます。彼女の歩みも含めて、強い人だとつくづく思います。

物語は実話が基になっていて、主人公ジョージーが苦悩しながらも女性蔑視やセクハラに立ち向かっていきます。そして、更に彼女は同じ鉱山で働く自分の父親や、 複雑な事情で生まれた息子との間にも問題を抱え、親子の絆にも思い悩むことになります。感動する部分もありますが、演出控えめで、ケレン味の少ない良作です。

人間の弱さについて考えさせられる映画です。主人公の少女期の安易と思えるところ。セクハラ訴訟に逃げ腰の弁護士。 巻き込まれたくないので見て見ぬ振りをする同僚女性達。多数を頼りにして女性に嫌がらせをする男性労働者。 全ての立場に対して「スタンドアップ」しろよ!と言われている気がします。
「スタンドアップ」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年11月26日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。