→ TOPページ > 「SAYURI」憧れの男性への想いを秘め花街一の舞妓を目指す。
ヒューマンドラマ
「SAYURI」憧れの男性への想いを秘め花街一の舞妓を目指す。
SAYURI 出演:チャン・ツィイー, ミシェル・ヨー
   渡辺謙, 役所広司, 桃井かおり, その他
監督:ロブ・マーシャル
製作年/製作国:2005年/アメリカ

アーサー・ゴールデンの著書を映画化。 幼い頃から憧れていた男性への思いを秘め、花街一の舞妓になったさゆり。日本の美を背景に彼女の半生が描かれていきます。
あらすじ…貧しさゆえ9歳で花街の置屋に売られた千代。 隣町の女郎屋に連れて行かれた姉と逃げ出す約束をした彼女は、姉との待ち合わせの場所へ向かう途中、屋根から落ちて怪我をしてしまいます。 置屋に連れ戻された千代は、姉だけ逃げ去ったことや両親が死んでしまったことを聞かされ、失意の中置屋で暮らすことを余儀なくされます。

逃げ出そうとしたばかりに舞妓の道を閉ざされ、端女として使われるようになった千代。 ある日、橋の上から悲しそうに川を見つめていた彼女は、舞妓を連れて歩く「会長」と呼ばれる紳士に優しく声を掛けられます。 会長に憧れを抱いた千代は、その日を境に舞妓になれば人生を変えられるかもしれないと思い始めます。

それから月日は流れ15歳になった千代は、三味線を届けに行った先で再び会長に出会います。 そして、そのことがまだ端女だった彼女の生活が大きく動かし始めます。 その後、突然名のある芸妓の豆葉にスカウトされた彼女は、修行を乗り越え、生来の美貌と青く澄んだ瞳を武器に、花街一の舞妓さゆりへと変貌を遂げます。

そんなさゆりも、本当に一人前になる為に大事な儀式、手付かずの芸者を男達に競り落とさせる「水揚げ」をしなくてはならなくなります。 どれほど名が上がろうとも会長への想いを失わなかった彼女は困惑しますが、 その水揚げさえも、彼女の出世をよく思わないかつての置屋一の売れっ子、初桃に邪魔されてしまいます…。
中国人の女優チャン・ツィイーさんが舞妓を演じて、アメリカ人のロブ・マーシャル監督がそれを撮るという、とても興味深い作品です。 これはもう公開前から論争が起こることが宿命付けられたような映画ですが、どういった心情を持て見るかで感想が大きく変わると思いますので、注意が必要です。

おそらく大事なことは、これは「日本」ではなく「JAPAN」を描いた作品だと言うことです。楽しむべきは、 アメリカ人の監督や中国人の女優がどのように日本を表現したのかを見ることで、外国人の日本文化に対する視点を感じることだと思います。 艶やかな日本美の見せ方などは、日本人でも見入るところがあると思います。

日本人はおろか、京都に住んでいる方でも舞妓さんや芸妓さんのことを正確に説明できる人は少ないはずです。 その点を考えれば、監督や原作者は日本人より花街に詳しいのかもしれませんが、 本作は舞妓についてを学ぶ映画ではありませんので、慕情から舞妓になっていく女性を描いた物語を楽しむのがベターです。

原作者ゴールデンは、花街社会の秘密を打ち明けてくれた岩崎峰子さんの信頼を裏切り、登場人物を匿名にする契約を破っているそうです。 舞妓さんのことを詳しく知りたいのであれば、峰子さんの誠意を無にしない為にも、 彼女の著書の一読をおすすめします。
「SAYURI」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年11月16日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。