→ TOPページ > 「アンダーワールド」狼男族と戦う吸血鬼の女戦士の物語。
アクション
「アンダーワールド」狼男族と戦う吸血鬼の女戦士の物語。
アンダーワールド 期間限定スペシャルプライス 出演:ケイト・ベッキンセール, ビル・ナイ
   スコット・スピードマン, その他
監督:レン・ワイズマン
製作年/製作国:2003年/アメリカ

吸血鬼と狼男の種族争いを描いたホラー系アクション映画。種族存亡の危機に気付いた吸血鬼の女戦士が、数百年に及ぶ争いの根源や秘密を知ることになります。
あらすじ…ライカン(狼男族)への復讐心から、 ヴァンパイア(吸血鬼)になることを受け入れたセリーン。以来数百年に及ぶ種族争いの中、ヴァンパイアの女戦士としてライカンを処刑し続けてきた彼女は、 ある日、ライカン達が若い人間の医師マイケルを執拗に追い掛け回していることに気付きます。

ライカンの不穏な動きを察知したセリーンは、ヴァンパイアの副官クレイヴンにそのことを告げますが、 元老院の出迎え準備で忙しい彼はセリーンの話を取るに足らない事と判断します。 セリーンはクレイヴンに不満を抱きますが、彼は敬愛する長老ビクターが後継者に選んだ男。複雑な心境の中、彼女は一人マイケルの調査を始めます。

早速捕まえたマイケルの尋問中に、不意にライカン達に襲われてしまったセリーン。戦闘中に深手を負った彼女は医師であるマイケルに助けられますが、 マイケルもライカンに噛まれてしまいます。恩人マイケルがいずれ宿敵ライカンに変身してしまうと知ったセリーンは、彼を殺せず、事態の究明を急ぎます。

一族の戦記を調べる内に、死んだはずのライカンの君主ルシアンがまだ生きていると気付いたセリーンは、数世紀間休眠しているビクターを頼ろうと、 戒律を破ってまで彼を起こそうとします。しかし、そんな彼女を待ち受けていたのは、仲間の裏切りとライカン達の恐るべき野望でした…。
ホラー系のアクション映画には大作やヒット作が少ない気がしますが、 この映画は「ブレイド」や「バイオハザード」と共に見応えがある部類に入ると思います。主人公はヴァンパイアの女戦士セリーン。 吸血鬼映画に多いゴシックな雰囲気を基調に、レザーの衣装やガンアクションがアクセントになっていてカッコいいです。

人間VS吸血鬼ではなく、吸血鬼と狼男の暗闘を描いているところが面白いです。争いの背景となる歴史もシッカリとしたものが用意されていて、 単なる怪物同士のVSものに終わらず、ドラマやストーリーも悪くない展開だと思います。本編と続編を合わせると設定も重厚で、世界観も楽しめます。

アクションは「ブレイド」、モンスターは「バイオハザード」の方が凄いです。その分派手さで見劣りするものの、物語自体に渋い面白さがあります。 各登場人物の立場や血の扱われ方がポイントですが、続編まで見て理解が深まる部分もありますので、最後まで確実に設定を理解していきたいところです。

本作の続編は3年後に公開されていますが、続編は本編の直後の物語で、ストーリーも二つ合わせて一つの物語という感じがかなり強いです。 本編と続編はなるべく時間を空けずに見た方が、人物の相関関係や物語を理解しやすいと思います。
「アンダーワールド」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年11月13日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。