→ TOPページ > 「輪廻」無差別殺人が起こったホテルで輪廻の恐怖が人々を襲う。
ホラー・スリラー・オカルト
「輪廻」無差別殺人が起こったホテルで輪廻の恐怖が人々を襲う。
輪廻 プレミアム・エディション 出演:優香, 香里奈, 椎名桔平, 杉本哲太, その他
監督:清水崇
製作年/製作国:2005年/日本

日米の「呪怨」をヒットさせた清水崇監督による、輪廻転生をテーマにしたホラー映画です。無差別殺人を描く映画の撮影中、主演女優が戦慄の体験をします。
あらすじ…昭和45年。 群馬県のホテルで、法医学教授が家族や宿泊客、従業員合わせて11名の命を奪い自殺する事件が起こります。それから35年後、映画監督の松村は、 この事件を被害者に焦点を当てて描こうと映画化に取り組み始めます。そんな中、オーディションで主役に選ばれた渚は、抜擢以来奇妙な幻覚を見始めます。

撮影開始前、リアリティーを求める松村に、事件のあったホテルへ連れてこられた出演者達。 被害者の状況の説明中に気分が悪くなった渚は、事件当日の幻覚を見始め、教授に追いかけられた末、ホテルの一室に逃げ込みます。 そして、現実に引き戻された彼女は、そこが自分が演じる少女の殺害現場だったと知ります。

一方、子供の頃から赤い屋根のホテルの夢を見続けている弥生は、そのことをボーイフレンドに話し、自分の前世を知ると言う由香を紹介してもらいます。 由香から輪廻転生の話を聞き、35年前の新聞記事にそのホテルを見つけた彼女は、記事にある無差別殺人の生き残りである教授の妻に会いに行きます。

教授の妻から事件の重大な真実を聞かされた弥生。自分がどうしてホテルの夢を見るのか真相を知りたい彼女は、ホテルを目指し、そこで驚愕の光景を目撃します。 その頃、セットで開始された撮影に挑んでいた渚も、再び事件当日に引き戻され、そこで自分が体験した奇妙な幻覚の答えを知ることになります…。
「呪怨」は時間軸が複雑でそれが不安や不快感を煽る感じでしたが、この作品は主人公の見る現実と幻覚の世界のボーダーが曖昧で、 言い知れぬ不安定感があります。恐怖映画においては、不安や不快感、不安定感も大事な演出になり得ますが、 Jホラー全般で氾濫している感じあり、少し新鮮さに欠ける感じがしました。

それでも流石に上手くまとめてあり、見終わった後に「意味が分からなかった…」にならないところが上手いです。 恐怖はいかにして始まったのか?をミステリーにしたホラーはよくありますが、本作では誰が誰の生まれ変わりか?という「輪廻転生」の部分をミステリーにしており、 これも面白い答えが見られると思います。

この映画で見逃せないのが優香さんの演技です。イメージとのギャップがよく見せるのかもしれませんが、 こんなに演技力がある方だとは思いませんでした。「エコエコアザラク」で菅野美穂さんを見た時ぐらいの衝撃です。 ホラー映画に知名度の高い女優さんを使い、その女優さんがいい仕事をしてくれると、見て良かったと思えます。

ホラーとしての怖さは弱いですが、ホラー系サスペンス、或いはホラー系ミステリーと捉えるなら面白い方ではないかと思います。 秘密の全貌が見え始める(ミステリー部分)後半は、なかなかスリリングな展開(サスペンス部分)です。
「輪廻」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年11月12日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。