→ TOPページ > 「マザー・テレサ」小さな体に無限の愛を秘めた女性。
伝記
「マザー・テレサ」小さな体に無限の愛を秘めた女性。
マザー・テレサ デラックス版 出演:オリビア・ハッセー, ミハエル・メンドル, 他
監督:ファブリツィオ・コスタ
製作年/製作国:2003年/イタリア, イギリス

どんな困難にも負けず、インドを始めとする世界中の貧しい人々と共に歩み、愛し続けたマザー・テレサの半生を描いた映画です。その生き方に感動させられます。
あらすじ…1946年、インドのカルカッタ。 ある日、カトリック修道院内の女学院で校長をしていたマザー・テレサは、「自分の居場所は修道院ではなく、貧しい人々の中だ」と啓示を受けます。 しかし、街ではヒンドゥー教とイスラム教の争いが激化しており、彼女は教会上層部から院外活動の許可を得ることができませんでした。

月日は流れ、エクセム神父の口添えでようやく活動を許可されたマザー・テレサ。決意を新たにした彼女は修道服から青い縁取りをした白のサリーに着替え、 学校に通えない子供を集め無料の授業を始めます。いつしか女学院の教え子達も手伝ってくれるようになり、少しずつ活動の規模が大きくなっていきます。

その頃、教会の後援者など一部の人々から、マザー・テレサの貧困者救済活動が教会の品位をおとしめると苦情が出始めます。従来の修道会に限界を感じた彼女は、 困難の末、新しい修道会設立の許可を得ます。自由に活動できるようになったマザー・テレサは、ホスピスや児童養護施設を次々と開設していきます。

街中に溢れる孤児。道に横たわり死を待つ老人。そんな人々の救済を続けるマザー・テレサでしたが、修道会の活動が日増しに大きくなるに従い、 彼女達に降りかかる困難も大きくなっていきます。しかし、彼女の強い信念と絶え間なく続く活動は、世界中の人々に強い感銘を与え伝わっていきます…。
インドを始め、世界中の貧しい人々を計り知れない慈しみで救済し続けたマザー・テレサ(本名アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ)。 彼女の36歳から87歳までを描いた映画です。2時間弱の映画ですが、マザー・テレサがどれほど素晴らしい人だったか、垣間見ることができます。

マザー・テレサの献身的な奉仕に只々感動します。最早、マザーの活動は人道主義や博愛主義などといった「言葉」では表現できないように感じます。 神に仕える身とは言え、ヒューマニズムを超越した人です。映画を見終わった後は、自分も何か利己的とは対照的なことをしたくなります。

物語の中では、マザー・テレサの数々のエピソードが描かれています。どれも彼女の人となりはよく分かるのですが、 映画としてのドラマチックさに欠ける気がします。各エピソードの入り方と終わり方が曖昧で、 マザー・テレサ以外の主要登場人物の描写が淡白過ぎる気がします。脚色のし過ぎまで、もう少し余裕があると思います。

マザー・テレサの言葉に「世界には二つ貧しい国がある。一つは物質的に貧しいインド」「もう一つは世界でこれだけ困っている人々がいるのにそのことに無関心でいる日本」というのがあるそうです。 偉大な人の言葉だけに重いです。日本人が何をするべきか?何が出来るのか?考えさせられる映画です。
「マザー・テレサ」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年09月03日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。