→ TOPページ > 「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」伝説的歌手の型破りな恋。
伝記
「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」伝説的歌手の型破りな恋。
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編 出演:ホアキン・フェニックス
   リーズ・ウィザースプーン, その他
監督:ジェームズ・マンゴールド
製作年/製作国:2005年/アメリカ

音楽史上に名を残す歌手ジョニー・キャッシュの物語。ジューン・カーターとの再婚までを描いた作品です。
あらすじ…1944年、アーカンソー州ダイエス。 失業救済局作業所で暮らす少年ジョニーは、一向に楽にならない生活の中で酒に溺れた父に怒鳴られる毎日を過ごしていました。 そんな少年の拠り所は優しい兄のジャックと、ラジオから聞こえてくるゴスペルやカントリー音楽、とりわけ少女歌手ジューン・カーターの歌声でした。

そんなある日、ジョニーが頼っていた兄が、作業中事故に合い急死してしまいます。父から「悪魔は良い子の方を奪っていった」と罵られるジョニー。 消えることの無い傷を心に負いながら成長した彼は、1952年に空軍に入隊し、実家を離れてドイツのランズブルグへと赴任していきます。

2年後に空軍を除隊したジョニーは、初恋の女性ヴィヴィアンと結婚しますが、セールスの仕事が上手くいかず、夫婦の間に口論が絶えなくなります。 彼は仲間とのバンド活動に楽しみを見出しますが、それもヴィヴィアンには理解してもらえない上、住まいを立ち退かなければならない程に貧窮していきます。

早急に稼がなければいけないジョニー。意を決した彼はレコード会社にオーディションをしてもらい、 そこで空軍時代に作った歌が認められミュージシャンとしての第一歩を踏み出します。 仲間達と全国を回るようになったジョニーは、テキサスで憧れのジューンとも共演し、彼女と意気投合した彼は、その出会いに運命を感じ始めます…。
ロックンロールの殿堂、作詞作曲家の殿堂、カントリーの殿堂、全てに殿堂入りした歌手ジョニー・キャッシュ。 彼が幼い頃から憧れていたジューン・カーターと再婚するまでの物語です。 栄光とドラッグによる挫折、カムバックとジューンを思い続けた年月が、ドラマチックに描かれています。

挿入歌はどれもノリの良いロックンロールやカントリー、フォークなので、聴いていると楽しいです。 ホアキン・フェニックスとリーズ・ウィザースプーンの歌はかなり聴き応えがあります。 同年代のロック・スター、エルヴィス・プレスリーなんかも出てきますので、音楽に関しては満足できると思います。

ドラッグで身を破滅させたり、妻子があるのに憧れの女性に言い寄ったり、ジョニー・キャッシュと言う人は相当わがままに思えます。 いくら一般の人より劇的な人生でも、そう言う人には共感できないと思えば、全く面白くない映画かもしれません。

リーズ・ウィザースプーンがこの映画でアカデミー賞主演女優賞を獲得しています。 いくらジョニーに言い寄られても流されなかったジューンに注目。
「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年09月02日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。