→ TOPページ > 「蝉しぐれ」藩の政争に巻き込まれた少年の成長と悲恋の物語。
時代劇
「蝉しぐれ」藩の政争に巻き込まれた少年の成長と悲恋の物語。
蝉しぐれ プレミアム・エディション 出演:市川染五郎, 木村佳乃, 緒方拳, その他
監督:黒土三男
製作年/製作国:2005年/日本

藤沢周平さんの同名小説が原作。 養父が藩の世継ぎ問題に巻き込まれて切腹させられ、辛い人生を歩んだ少年の成長や悲恋を描いた作品です。
あらすじ…小藩の下級武士である養父に育てられた牧文四郎は、 心引かれる隣家のふくや剣術道場仲間の逸平や与之助と、日々平凡な暮らしを送っていました。やがて、 剣術より学問に才のある与之助が江戸へと勉強に出ると、残された文四郎や逸平は益々剣の道に精進し、特に文四郎は道場でも期待を得るようになります。

そんなある日、突然藩に世継ぎ争いが起こり、巻き込まれた文四郎の養父は切腹を命じられます。最後に許された面会の日、 養父を尊敬していたことや育ててもらったお礼が言えなかった文四郎。後悔に苛まれる彼は、家禄を没収され反逆者の子として試練の日々を送ることになります。

以前と変わらぬ態度で接してくれる逸平やふくに助けられ、養父の「剣に励め」と言う言葉を支えに生きる文四郎。しかし、そんな彼の元から、 江戸の藩邸に奥勤めすることになったふくが去っていきます。藩命で長屋に移り住んでいた文四郎を訪ねるふくでしたが、会えぬまま旅立つことになります。

時は流れ青年になり復禄された文四郎は、江戸から戻った与之助から、殿の側室になり身ごもったふくが世継ぎ争いに巻き込まれた話を聞かされます。 思いは巡り内心穏やかでない文四郎でしたが、養父を政争の犠牲にした筆頭家老から、復禄に恩を着せてふくの子をさらって来るように命じられます…。
2003年のテレビ・ドラマに続き2回目の映像化です。 尊敬する養父と家禄を失い辛い少年期を過ごした文四郎。彼の成長と叶えられなかった慕情を描いた映画で、東北の小藩や農村、剣術道場の友など、 藤沢作品のイメージが随所に盛り込まれた作品です。

やはり染五郎さんがいい演技をされています。梨園で修行を積まれた方は底力があって奥が深いです。いつも「芸」について考えておられるのでしょうね? 古典や新作歌舞伎だけでなく、舞台やテレビ・ドラマにも出演されている染五郎さんが牽引し、老若男女問わず楽しめる時代劇になっていると思います。

「人生最大の過ちは、叶えられなかった恋愛関係だ」と言う方は必見だと思います。なんとも切なく悲しい内容ですが、 登場人物の何気ないセリフや行動まで自分を同調させて見ることができれば、結構泣けてしまう映画だと思います。 文四郎の養父やふくの事に対する悔しさが伝わってきます。
「蝉しぐれ」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年07月28日 | コメント(2)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。

藤沢作品の映画化という事で期待していたのですが、
やはり山田洋次監督の2作品ほどのレベルには達していなかった気がしました。

ということで、私の記事、TBさせてくらさい。
(ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)
Posted by at 2006年09月30日 12:36
お名前ありませんが、TB頂いてるとのことですのでカゴメさんですね!こんにちは。

カゴメさんの記事読ませて頂きました。3冊も原作本を持っておられるカゴメさんの残念さが良く分かりました。

この映画、個人的にはまあまあ楽しめました。今度機会があれば、山田洋次監督の2作品も見てみます。
Posted by SoLo at 2006年09月30日 14:13
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/21518276
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

★「蝉しぐれ」、2時間じゃ無理だろ★
Excerpt: 「蝉しぐれ」(2005) 日本 監督:黒土三男製作:俣木盾夫プロデューサー:中沢敏明 宇生雅明  エグゼクティブプロデューサー:遠谷信幸協力プロデューサー:田中渉 柴田一成原作:藤沢..
Weblog:★☆カゴメのシネマ洞☆★
Tracked:2006-09-30 12:28
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。