→ TOPページ > 「機動警察パトレイバー 劇場版」機械暴走事件に挑む警察小隊。
アニメ・CG
「機動警察パトレイバー 劇場版」機械暴走事件に挑む警察小隊。
機動警察パトレイバー 劇場版 声の出演:冨永みーな, 古川登志夫, 大林隆介, その他
監督:押井守
製作年/製作国:1989年/日本

OVAから始まった人気アニメの映画化作品第一弾。多足歩行型作業用ロボット「レイバー」の暴走を止める為、警察の小隊が活躍します。
あらすじ…東京湾で進められている国家規模の土木事業に伴い、 作業用機械「レイバー」が急速に普及発展した1999年の東京。ある日、洋上に設けられたレイバーの保守用プラットホーム「方舟」から、 レイバー製造を請け負う篠原重工のプログラマー、帆場が投身自殺を図ります。

それから数日後、陸上自衛隊の試作レイバーが無人のまま暴走する事件が起こり、基本プログラムに篠原重工の「HOS」が使われていたことが分かります。 一方、民間用レイバーにも暴走事故が相次いでおり、篠原重工の社長である父と対立する警視庁警備部の隊員、篠原遊馬は事件の共通性を洗い出し始めます。

その後、暴走機体が全て篠原HOS搭載機であることを突き止めた遊馬。隊長の後藤から、 HOSのメイン・プログラマー帆場が仕掛けたウイルスが原因である可能性を指摘された彼は、更に調査を進め、 暴走プログラム作動の切欠が、高層ビルなどに当たった風が生み出す低周波であることに思い至ります。

どうにもこれだけで終わりそうに無いと感じた遊馬は、プラットフォームの方舟自体が巨大な低周波を生み出す構造になっていることに気が付きます。 箱舟に風速40kmの風が当たれば、関東中のHOS搭載レイバーが暴走する事態になることが判明する中、まさに台風が2日後に上陸する距離まで迫っていました…。
1980年代から見た10年後の未来を描いたアニメーション映画です。冒頭、方舟の説明シーンでレイバーの生い立ちが語られますが、 他のロボット・アニメに比べて非常にリアルな背景描写になっています。それは、物語全体にも言えることで、実際の2000年前後と符合する部分もあります。

物語はリアルですが、アニメーションに関しては映画向けに凝ったという雰囲気はなく、淡白に描き過ぎのような気もします。 まだCGとの融合もない時代のものですから、仕方ないかもしれません。しかし、アニメに珍しく広角の描写を用いるなど、面白い点もあります。

「パトレイバー」は「踊る大捜査線」など他の映像作品にも大きな影響を与えているそうです。警察機構内での正義の味方の描き方や、 両映画版作品などに類似点も多く、それだけこのアニメに魅力があると言うことだと思います。

上述の類似点が、「パトレイバー」と「踊る大捜査線」の各ファンから似過ぎと批判されることもあるようですが、 それほどコアなファンでないのら、全く鼻につくことはないと思います。
「機動警察パトレイバー 劇場版」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年07月21日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。