→ TOPページ > 「CUBE ZERO」殺人施設からの脱出を描いたシリーズ最終話。
ホラー・スリラー・オカルト
「CUBE ZERO」殺人施設からの脱出を描いたシリーズ最終話。
CUBE ZERO 出演:ザカリー・ベネット, ステファニー・ムーア, 他
監督:アーニー・バーバラッシュ
製作年/製作国:2004年/カナダ

殺人トラップが仕掛けられた立方体形施設「CUBE」からの脱出を描いたSFスリラーの第三弾。時間設定は1作目の前になり、CUBEの目的などが明かされます。
あらすじ…立方体をした暗い鋼鉄の部屋。 四方の壁と天井、床には丸いハッチがあり、そこを空けるとまた同じような部屋が連なる施設「CUBE」の一室で、 一人の男が壁から噴き出た液体をかぶり、融け始めた体中を掻きむしりながら、遂にはペースト状になって床に倒れこみます。

一方、別の施設でその様子を観察する二人の男達。職務に忠実なドッドとコンピュータ並みの頭脳を持つウィンは、 次の被験者カッサンドラ・レインズの観察を始めます。しかし、探究心の強いウィンは若い女性であるレインズに興味を持ち、 彼女のデータファイルを眺める内に不審な点を見つけてしまいます。

どうやらレインズは政治活動家だった為に、国の陰謀で収容されたことを知ったウィン。 折りしも、逃亡を図った為にCUBEに収容された同僚の処分をさせられ、罪の意識に苛まれた彼は、レインズを救う為に自らCUBE内へと潜入して行きます。 しかし、事態に気付いた上層部は、モニター室に冷酷な担当官ジャックスを派遣します。

殺人トラップによる犠牲者を出しながらも、CUBE内で見つけた仲間と共に脱出を試みるレインズ。 ようやく彼女と合流したウィンは、正規の出口以外に外へ通じる部屋があることを話します。 早速その部屋を目指すウィン達でしたが、ジャックスによって一室に閉じ込められ、被験者処分用のトラップを起動されてしまいます…。
閉塞的な立方体形の部屋の寄り集まりで出来た施設「CUBE」。被験者自信は記憶を奪われ、なぜ収容されたかも分からないまま、 ハッチに刻まれた3文字のアルファベットをヒントに、随所に殺人トラップが仕掛けられた施設を移動し、出口を目指そうとします。

1作目はこの設定が非常に斬新に感じられ、謎めいた雰囲気と登場人物の身に迫る命の危険も相まって、 独特の面白味があるスリラーに仕上がっていました。本作はそうしたCUBEの世界観からくるスリリングさを描くより、 ウィンがレインズを助けに行くと言ったような、物語やアクション性を描いた映画になっていると思います。

そういう意味では、この映画を面白いと感じる集団の中心軸は、1作目とは違うと思います。3作目は良くも悪くも分かりやすい映画です。 とは言え、上層部から観察を命じられている人々を登場させ、実態の無い権力の下、盲目的に職務をこなす姿を描いており、現実的な恐怖も感じられる映画です。

物語の時間の流れはZERO→1→2の順ですが、見る順番は公開通り1→2→ZEROがいいと思います。1を先に見ないとZEROの最後が楽しめません。
「CUBE ZERO」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年07月09日 | コメント(2)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
1は本当に面白かったと思います。
でもなぜこんなものが存在しているのか?という
漠然とした疑問は1を見ても2を見てもわからずじまい。
ZEROで全て解明されると思ったら・・・結局よくわかりませんでした。
でもSoLoさんの文章を読ませてもらったらCUBEの意味を考えるより
物語性の方を楽しめばよかったんだと感じました。
Posted by ジュン at 2006年10月10日 22:24
ジュンさん、コメントありがとうございます!
この映画の世界観(と言っても密閉施設ですが)は本当に面白いですね。しかし、ZEROを見終わったあとも曖昧さが残ったと言うことは、1の段階から明確な存在意義を定義してなかったのでしょうね?それ故、ミステリアスな雰囲気が醸し出せたのかもしれません。続きものって、いろいろ難しいですね…。
Posted by SoLo at 2006年10月11日 00:09
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック

CUBE ZERO
Excerpt: 【CUBE ZERO】2004年/カナダ 監督:アーニー・バーバラッシュ  出演:ザカリー・ベネット、ステファニー・ムーア、デヴィッド・ヒューバンド、マイケル・ライリー CUBE、C..
Weblog:BLACK&WHITE
Tracked:2006-10-10 22:21
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。