→ TOPページ > 「猟奇的な彼女」暴力的な彼女に振り回されるラブ・コメディ。
ラブ・ロマンス
「猟奇的な彼女」暴力的な彼女に振り回されるラブ・コメディ。
猟奇的な彼女 出演:チョン・ジヒョン, チャ・テヒョン, その他
監督:クァク・ジョエン
製作年/製作国:2001年/韓国

インターネットに掲載されたエピソードが基になっている作品です。バイオレンスな女性とそれに付き合わされる男性の、ちょっとコミカルなラブストーリーです。
あらすじ…ある日、 大学生のキョヌは、酩酊して駅のホームで電車に轢かれそうになっていた女性を助け介抱します。翌日、その女性に呼び出された彼は、 感謝されるどころか変なことをしていないか疑われ、その日を境にデートや誕生日に付き合わされるようになります。

酔っていない彼女の容姿に満更でもないキョヌでしたが、不道徳者を見つけるたびに喝を入れ、 意見を合わせないと「死にたい?」と聞いては鉄拳を浴びせてくる彼女に辟易することもしばしば。 しかし、彼女の心の奥に深い悲しみがあると感じたキョヌは、虐げられながらも彼女を癒してあげたいと思うようになります。

彼女と過ごす内に、彼女が1年前に最愛の人を亡くしていたことを知ったキョヌ。その後もカフェの注文内容を強制されたり、川へ突き落とされたり、 女子学生がたくさんいる中でバラを届けさせられたり、散々な目に会う彼でしたが、時には彼女の気持ちも感じられるようになり満足も覚え始めます。

そんなある日、二人で出掛けた川沿いの丘で、キョヌに遥か先の隣の丘に登るように命令した彼女は、 聞こえるはずもない彼方のキョヌに向かって胸の内を叫び始めます。キョヌに死んだ彼氏の面影を見ていたこと。 自分でもどうしていいか分からないこと。そして、キョヌへの申し訳ない気持ちが溢れ出た彼女は、2年間キョヌと離れる決心をします…。
前半、かなりコミカルで軽い展開により、お遊びを見ているような気持ちになる映画ですが、後半になると彼女の強引で強気な態度の裏側も見え、 いつのまにか真剣に見てしまいました。

この映画は終わり方が良いと思います。物語の最初から張られていた重要な伏線に気付かず、最後のシーンで「あぁ〜、なるほど!」と思いました。 他にも彼女がキョヌに対して取る行動にも意味があって、前半の軽い展開の裏で繋がりを張っていたことにしてやられた気分です。

冒頭からリアルな嘔吐を見せ、終始暴力的な彼女ですが、物語が進んでいくとだんだん可愛く見えてくるから不思議です。「猟奇的」とはサイコな感じがしますが、 韓国ではネットでの「猟奇的な彼女」のブームにより、「猟奇的=ちょっと変わった、突拍子も無い」というイメージがあるそうです。
「猟奇的な彼女」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年06月22日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/19688206
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。