→ TOPページ > 「ティム・バートンのコープスブライド」死せる花嫁の朽ちぬ愛。
アニメ・CG
「ティム・バートンのコープスブライド」死せる花嫁の朽ちぬ愛。
ティム・バートンのコープスブライド 特別版 声の出演:ジョニー・デップ, エミリー・ワトソン,
     ヘレナ・ボナム=カーター, その他
監督:ティム・バートン, マイク・ジョンソン
製作年/製作国:2005年/イギリス

人形を少しずつ動かして撮影する「ストップ・モーション」アニメです。切ない愛の物語です。
あらすじ… 19世紀のヨーロッパ。 とある辺境の村で暮らす内気な一組の男女が、翌日の結婚式に備えて顔をあわせます。魚の加工業で成り上ったバン・ドート家の息子ビクターと、 没落貴族エバーグロット家の娘ビクトリア。政略的な結婚を強要された二人は、その日が始めての出会いでした。

その日まであまり気乗りがしなかったものの、一目でお互いが好きになれそうだと感じたビクターとビクトリア。両家はすぐに結婚式のリハーサルを始めますが、 緊張したビクターはセリフを間違い、指輪を落とし、花嫁の母の服を焦がしてしまう始末。怒った牧師に式の延期を言い渡されてしまいます。

すっかり気落ちしたビクターは、一人森の中へ入って行き、式の練習を始めます。一人の時はセリフもきまり、花嫁の薬指に見立てた小枝に、 颯爽と指輪をはめることができたビクター。しかし、彼が小枝と思っていたものは、そこで詐欺師の花婿に殺され眠りについていた、コープスブライドの薬指でした。

死して尚、真実の愛を求め続けていたコープスブライド。図らずも彼女に求婚してしまったビクターは、コープスブライドに死者の世界へと連れて行かれます。 そこでビクターは、行方不明の自分に代わりビクトリアが別の男と婚約させられたことを知り、一途なコープスブライドと結婚する決心をします…。
コンピューターグラフィックや視覚効果技術の発達で、ストップ・モーションを使った映像は少なくなってきました。しかし、この分野も確実に進歩していて、 「芸術作品」と呼べる域に達した感じすらあります。本作も滑らか過ぎるCG映像では味わえない、独特の質感のある映画です。

内容はミュージカル調の人形劇ですから、馴染む馴染めないがあると思います。死を謳歌する亡者の「彩色の世界」と、儀式的な毎日を送る生者の「暗い世界」。 この世界観を人形のミュージカルでやられると、少し抵抗があります。しかし、物語はとても良くて、切な過ぎるコープスブライドに涙してしまいます。

この映画のDVDには、メイキング映像が入っているのですが、それを見ていると人形アニメの撮影技術に驚かされます。撮影は35mmのデジタル一眼レフで行われ、 撮ったシーンはすぐにラッシュが見られます。人形の頭部や耳の中にあるネジを回すと、その表情が変わる仕掛けになっています。 生身の役者にも負けない理由が分かります。
「ティム・バートンのコープスブライド」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年06月17日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/19374173
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。