→ TOPページ > 「殺人の追憶」未解決事件に残された無念の追憶。
サスペンス
「殺人の追憶」未解決事件に残された無念の追憶。
殺人の追憶 出演:ソン・ガンホ, キム・サンギョン, その他
監督: ポン・ジュノ
製作年/製作国:2003年/韓国

1986年から1991年までの間に10人の女性が被害者となった、韓国で実際にあった未解決事件が題材です。なかなか秀逸なサスペンスドラマです。
あらすじ…1986年10月。 ソウルから50kmほど南に位置する農村で、同様の手口で殺害された2人の女性の変死体が、わずか数日の間を空けて見つかります。 早速調査を開始した地元の刑事パク・トゥマン。自慢の眼力でも犯人の目星が付かない彼のもとに、ある日、ソウル市警からソ・テユン刑事が派遣されてきます。

そんな中、焼肉屋の息子クァンホが、事件当日被害者に付きまとっていたという情報を入手したパク刑事。彼は証拠を捏造してまでクァンホから自白を引き出そうとしますが、 根拠不十分にも関わらず行った現場検証中に混乱が起こり、結局クァンホを釈放せざるを得なくなります。

一方、指の不自由なクァンホでは犯行が困難なことを確信していたソ刑事は、捜査資料を読み込み、ふたつの事件の共通点から、 ある行方不明女性が事件に巻き込まれている可能性を指摘します。その後、彼の読み通りに遺体が発見されますが、被害者は増え続け、捜査は難航の様相を呈し始めます。

強引で足による捜査を重視するパク刑事と冷静な頭脳捜査をするソ刑事。なかなか犯人に辿り着かない焦りと疲労から、二人の衝突も増える中、 一人の最有力容疑者ヒョンギュが逮捕されます。しかし、またしても証拠不十分でヒョンギュの釈放が確定します…。
実話を基にした物語で、最初から未解決であることが分かっています。しかし、それが全くハンディになっていません。むしろ、 容疑者や登場人物の誰もが犯人である可能性があるので、安楽椅子探偵よろしく自分も事件の中に深く潜り込んでしまいます。

物語は、当初無理やり事件を解決しようとする刑事達と田舎捜査の粗雑さから、ちょっとコミカルで野暮ったい感じで始まります。 ところが、これが後半になるに従い、刑事の焦りと疲労に同調するかのように、事実のもつシリアスさに引き込まれていきます。

なかなか二人の刑事の描写が良かったです。犯人逮捕が叶わず、だんだん冷静さを無くす中で、パク刑事は自分の非科学的な捜査に徒労を感じ、 ソ刑事は容疑者に暴力を振るってでも自白を取ろうとします。最初の立場が逆転していく様は、物語をさらに迫真にしています。

最後は約10年後のパク刑事のシーンで終わるのですが、予想できる展開とは言え、やり場の無い無念の追憶を感じさせる辺りもよくできています。
「殺人の追憶」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年06月05日 | コメント(0)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/18847216
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

殺人の追憶(85点)評価:○
Excerpt:総論:観賞中に襲われる自家中毒的な恐怖はS級サスペンスの証<あらすじ>1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)は地道な取り調べを始め...
Weblog:映画批評OX
Tracked:2010-10-12 15:43
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。