→ TOPページ > 「妖怪大戦争」魔人に少年と妖怪達が立ち向かう。
ファンタジー
「妖怪大戦争」魔人に少年と妖怪達が立ち向かう。
妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) 出演:神木隆之介, 豊川悦司, 宮迫博之, その他
監督:三池崇史
製作年/製作国:2005年/日本

水木しげるさん、荒俣宏さん、京極夏彦さん、宮部みゆきさんのプロデュースチームが原案に参加。妖怪に扮する名優さん達が見ものです。
あらすじ…両親の離婚により、 母親と二人で母の故郷鳥取へとやって来たタダシ。都会育ちで大人しい彼は、小学校のクラスメートと馴染めず、 家ではボケ始めた祖父の対応に四苦八苦していました。そんなタダシは、ある日、村の夏祭りで、その年の「麒麟送子」に選ばれます。

麒麟送子は村の伝承にある平和と正義の勇者。大天狗が住むと言われる山の洞窟に、伝説の聖剣を取りに行くのが慣わしでした。 タダシは自分を弱虫と呼ぶクラスメートを見返すために、一人で大天狗の山を登り始めますが、結局怖くなり通りかかったバスに飛び乗ってしまいます。 しかし、彼が乗ったバスは普通のバスではなく、タダシは車中でスネコスリをはじめ沢山の妖怪を目撃します。

一方その頃、人間に怨念を持つ魔人、加藤保憲と妖怪達を裏切った妖怪アギにより、日本各地で人々が悪霊に襲われる事件が起き始めます。 事態を重く見た妖怪の猩猩は、麒麟送子を聖剣に先導する一計を案じ、タダシを再び大天狗の山へと呼び寄せます。

祖父に呼び出されたと思い、恐る恐る山へとやって来たタダシ。彼はそこで妖怪に出会い怖気づきます。しかし、猩猩に事態を聞かされ、 怖いながらも紆余曲折を経て大天狗から聖剣を授かります。しかし、そこへアギが悪霊を連れて乱入し、大天狗とスネコスリはさらわれ、聖剣は折られてしまいます…。
幼い頃、水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」を、 まるで動物図鑑を見るかのごとく食い入るように読んでいたのが思い出されます。この映画もたくさんの妖怪が出てきますので、 現役の少年達には楽しい内容ではないかと思います。

大人から見たこの映画の魅力はキャスティングだと思います。ひたすら怖気ずくタダシ役の神木隆之介君や、オチャメな祖父役の菅原文太さん。 魔人役の豊川悦司さんや妖怪役の近藤正臣さん、阿部サダヲさん、竹中直人さん、忌野清志郎さん、岡村隆史さんなどが、 人間や妖怪の持つコミカルな部分を小ギャグを交えつつ演じておられます。結構笑えます。

クライマックスシーンの撮影前に角川大映スタジオが火災に見舞われ、多くの妖怪とセットを消失したものの、 全国からの応援と3000人のエキストラによって、たくさんの妖怪が登場する最後を撮り終えた本作。物語の深さはさて置き、物の大切さを教え、平和を愛し、 ちょっと怖くて時に笑える妖怪達を久しぶりに楽しめると思います。
「妖怪大戦争」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年05月15日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/17850207
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。