→ TOPページ > 「四日間の奇蹟」神様がくれた四日間の猶予。
ヒューマンドラマ
「四日間の奇蹟」神様がくれた四日間の猶予。
四日間の奇蹟 出演:吉岡秀隆, 石田ゆり子, 尾高杏奈, その他
監督:佐々部清
製作年/製作国:2005年/日本

第1回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた浅倉卓弥さんの同名小説が原作ですが、 どちらかというとファンタジー系の映画です。
あらすじ…ある夜、ロンドンの街角。 異国でのコンサートを成功させたピアニストの如月敬輔は、日本人の家族が暴漢に襲われているのに出くわします。 目の前で夫婦が撃たれる中、咄嗟にその娘をかばった敬輔は、左手の指に銃撃を受け、神経断裂というピアニスト生命を絶たれる傷を負います。

突然未来を奪われ苦悩する敬輔でしたが、図らずも事件で両親を亡くした少女千織を引き取り親代わりとなります。そして、敬輔は千織と暮らす内に、 彼女が生まれつき脳に障害がある代わりに天才的な音楽の能力を持つサヴァン症候群であることを知ります。

千織の才能を活かして施設の慰問コンサートを行うようになった敬輔と千織。事件から5年後のある日、二人は訪れた先の療養センターで岩村真理子に出会います。 それは、高校時代の憧れの先輩だった敬輔が、千織と一緒に慰問コンサートをしていることを知った真理子の計らいで実現したものでした。

療養センターでのコンサートを終えた午後。庭で遊ぶ真理子と千織が落雷に襲われ、千織をかばった真理子は大ケガを負い意識不明の重体となります。その後、 しばらくショックで意識を失っていた千織。目覚めた彼女は敬輔に「私、真理子です」と告げます。それは神様が真理子に与えた四日間の猶予の始まりでした…。
敬輔、千織、真理子の3人の物語の舞台となった山口県の角島と、ベートーヴェンの「月光」やショパンの「別れの曲」がとても印象的に使われている映画です。 ロケ地や音楽により、映画の幻想的な部分が強調されていてよいです。

原作では敬輔の視点で物語が進んでいきますが、本作ではどちらかと言うと真理子の視点で物語が展開していきます。そのせいか、 原作で味わえる真理子の敬輔に対する密かな思いやひた向きさが弱く感じられました。人間ドラマとしては原作に軍配が上がりそうです。

苦労を乗り越えてきた真理子が千織をかばったことで生死をさまよい、その千織の体を通して集中治療室に横たわる自分を見ることになります。 間もなく死ぬかもしれない自分に葛藤しながらも、改めて施設の患者の自分に対する感謝の思いを知り、遂に真理子も自分と向き合います。 切なくも感動的な物語です。
「四日間の奇蹟」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年05月08日 | コメント(0)を読む | トラックバック(4)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/17559158
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

石田ゆり子
Excerpt:石田ゆり子に関するblog:アムールマリッジAPP920 【0427アップ祭3】 「四日間の奇蹟」神様がくれた四日間の猶予。 女房を酔わせてどうするつもり?
Weblog:AWKEL
Tracked:2006-05-10 06:38

四日間の奇蹟
Excerpt:こんにちは、ブラペです。映画DVD『四日間の奇蹟』を見ました。感想かいています。
Weblog:映画DVD 『シビれるこの一本』
Tracked:2006-07-23 05:21

今年初の映画!?作品:「四日間の奇跡」
Excerpt:「四日間の奇跡」 今年最初に見た映画。(DVDだけど輦) 原作は第1回『このミステリーがすごい!』(宝島社)大賞に輝いた。 監督は「半落ち」の佐々部 清 心温まる、ちょっ..
Weblog:この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!
Tracked:2006-07-27 09:52

映画『四日間の奇蹟』
Excerpt:この映画の良さは観れば分かる、観なければ分からない。百聞は一見にしかずと言いたい。自己の喪失と再生、犠牲と思いやり、大いなる家族愛・・ 将来を嘱望されるピアニストながら、暴漢から少女..
Weblog:茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked:2006-08-13 12:39
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。