→ TOPページ > 「隣人13号」イジメの復讐のため誕生した悪魔的人格。
ホラー・スリラー・オカルト
「隣人13号」イジメの復讐のため誕生した悪魔的人格。
隣人13号 出演:中村獅童, 小栗旬, 新井浩文, その他
監督:井上靖雄
製作年/製作国:2004年/日本

井上三太さんの同名コミックが原作です。 イジメにあった過去を持つ青年が、別人格を作り上げ復讐するバイオレンス・スリラーです。
あらすじ…小学生時代にひどいイジメを受け、 それがきっかけで自分の中に凶悪な別人格「13号」を形成した村崎十三。彼は自分をイジメ続けた赤井トールに復讐する為、10年ぶりに地元へと戻ってきます。

既に結婚をして子供までいる赤井。十三は彼のアパートの下の階へと引越し、更に赤井の勤める建築会社へ就職します。しかし、 十三のことなどまったく覚えていない赤井は、またもや十三のことをイジメ始めます。

10年ぶりの赤井との接触で、頻繁に姿を現すようになった人格「13号」。赤井を殺すことで復讐を達成しようとする13号は、徐々に凶暴性を増し、 とうとう、騒音を注意した隣人を殺害してしまいます。

隣人を殺害した後、凶器と手を洗っているところで人格が戻った十三は、ようやく自分がしようとしていることの重大さに気が付きます。 しかし、時既に遅く、本来の人格も凌駕し始めた13号は、十三のコントロールも及ばなくなり、更に残虐な行動をエスカレートさせていきます…。
日頃はおとなしい主人公の青年が、過去のイジメの復讐の為に凶悪な別人格を形成し、遂には作った人格がコントロールできなくなり支配されていく物語です。 原作ほどではないそうですが、かなりグロイ&エグイ映像もあり、R−15指定されています。「映画と言えども暴力は認めない」方にはオススメできません。

サイコなバイオレンス映画は、よく分からない価値基準で突っ走るイメージがあるのですが、本作は頭がついていく範囲内で収まっていると思います。 それを一番支えているのは、13号役の中村獅童さんです。獅童さんのスバラシ過ぎる演技が、13号のキャラクターをしっかり頭に理解させてくれます。

個人的に原作を読んでいないからかもしれませんが、最後の終わり方がどう解釈してよいか分かりませんでした。 DVDチャプターリストの最後のシーンのタイトルが、恐らくヒントになるのではないかと思うのですが…。
「隣人13号」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年04月27日 | コメント(0)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/17114480
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

映画vol.51 『隣人13号』
Excerpt: 『隣人13号』(2005.04公開)*TV 監督: 出演:中村獅堂 小栗 旬   公式HP 『隣人13号』を観ました。試写会外れた..
Weblog:Cold in Summer
Tracked:2006-05-04 00:30
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。