→ TOPページ > 「シンデレラマン」家族思いのボクサーがいつしかヒーローに。
伝記
「シンデレラマン」家族思いのボクサーがいつしかヒーローに。
シンデレラマン 出演:ラッセル・クロウ, レネー・ゼルウィガー, 他
監督:ロン・ハワード
製作年/製作国:2005年/アメリカ

アメリカ大恐慌の時代。国民から「シンデレラマン」と呼ばれた実在のボクサー、ジェームズ・J・ブラドックの再起を描いた物語です。
あらすじ…強烈な右パンチを誇る若手のホープ、ジム・ブラドック。 前途有望であったはずの彼のボクシング人生は、世界タイトルを賭けた試合中の負傷をきっかけに、 度重なる骨折や怪我で引退を余儀なくされます。それはアメリカ大恐慌の入り口の時代でした。

出口の見えない不況の中で、失業者の一人となったジム。彼は僅かな日銭を求めて肉体労働に励みますが、仕事にありつけない日の方が多い状態でした。 彼の心の支えは妻メイと3人の子供達のみとなりますが、そんな家族に優しさ意外何も与えてやれない日々が続きます。 そんなある日、突然ジムの転機が元マネージャーだったジョーによりもたらされます。

ジョーがもぎ取ってくれたチャンスのおかげで、一夜限りのカムバックができることになったジム。全く勝ち目などない試合ながら、 彼にとってその収入は家族を守る一時の希望でした。しかし、ジムはその試合で思わぬ幸運を掴みます。そして、その日を境に、 不景気に疲弊したアメリカ中を巻き込んで、彼の奇跡の第二幕が上がります…。
「家族の愛」「希望」「自ら人生を変える」。そんなキーワードが似合う物語です。一度はドン底に落ち、家族の絆に支えられ、 それに優しさと信念で答えようとしたジェームズ・J・ブラドック。もう若くはないボクサーのひた向きな頑張りに、アメリカ中が希望を見出していきます。

ブラドック役のラッセル・クロウもとても良いのですが、メイ役のレネー・ゼルウィガーが負けず劣らず素晴らしいです。夫を精神面で支え、誇りに思い、 しかし、誰より試合に出て欲しくないと思っているボクサーの妻を好演されています。しかもキュート!

個人的にはボクシングが好きではありませんので、夫の身を案じるメイに同調して見てしまうのですが、最後の試合は手に汗握り前のめりになってしまいました。 アメリカ中のブラドックに賭ける思い、満身創痍の体で再びチャンスを掴もうとしたブラドック、そして家族の願いが渾然一体となって感動を呼ぶ作品です。
「シンデレラマン」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年04月18日 | コメント(0)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック

シンデレラマン
Excerpt:ラッセル・クロウ主演の実在のボクサー、ジミー・ブラドックの半生を描いた作品。 手を痛め、半ば強制的に引退させられたジムは、家族を養うために日雇いで仕事をするが、なかなか思うようには稼げない。 徐々に..
Weblog:Yuhiの読書日記+α
Tracked:2006-07-20 00:02
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。