→ TOPページ > 「ハウルの動く城」魔女に老婆にされた少女と魔法使いの恋。
アニメ・CG
「ハウルの動く城」魔女に老婆にされた少女と魔法使いの恋。
ハウルの動く城 声の出演:倍賞千恵子, 木村拓哉, その他
監督:宮崎駿
製作年/製作国:2004年/日本

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」が原作。 宮崎駿監督とスタジオジブリによる長編ファンタジーです。
あらすじ…荒地の裾野に広がる町で、 父親の残した帽子屋を営む少女ソフィー。ある日、街で兵士に声を掛けられて困っていた彼女は、美貌の青年ハウルに救われます。 ハウルは美女の心臓を取って喰らうと噂されている魔法使い。しかし、彼のソフィーへの態度は紳士的で、暫しハウルと夢のような時間を過ごしたソフィーは、 ハウルに淡い恋心を抱き始めます。

ハウルと出会った夜。彼を付け狙う荒地の魔女に、彼と一緒のところを見られたソフィーは、魔女に呪いをかけられ90歳の老婆に姿を変えられてしまいます。 鏡を見て慌てたソフィーは、しばらく家を出る覚悟を決め、魔女を探しに荒地を目指します。そして、荒地の丘を登り始めたソフィーの目の前に、 ハウルの動く城が姿を現します。

夜も更け始め寝場所も無いソフィーは、現れたハウルの動く城に潜り込みますが、彼女を出迎えたのは、契約で暖炉から出られなくなった炎の悪魔カルシファーでした。 カルシファーから「ハウルとの契約の秘密を見つけて、自由にして欲しい」と頼まれたソフィーは、代わりに自分にかけられた呪いを解いてもらうことを条件に、 カルシファーと契約を交わし、掃除係として城に住み込み始めます…。
いろいろなレビューサイトで賛否両論が出ている本作ですが、確かに今までの宮崎監督の作品と比べると、少し質が違う感じがします。 繊細で真似しようものなら壊れてしまいそうだった「絵」は力強く、鑑賞者に登場人物の気持ちを推し量らせていた「無言の間」にもセリフが入れられた感じです。 そして、今までに無く「メッセージ」が、どちらの方向を向いているのかハッキリ分かりませんでした。

この作品の面白さは、2回目以降の鑑賞で味わえると思います。この物語はファンタジーです。メッセージを探す姿勢ではなく、 これ以前の宮崎監督の作品のイメージをリセットして「物語」にのめり込む姿勢がオススメです。個人的には、2回目に英語音声(クリスチャン・ベールがハウルの声優)の日本語字幕にして、 宮崎監督が作った作品であることを無視して見ました。その結果、とても良く出来た長編ファンタジーアニメが楽しめました。

スタジオジブリが本作までに培ってきたものが、たくさん活かされた映画です。作画技法や効果音、音楽にこだわりの仕事が感じられる映画です。 1回目の鑑賞で面白いと感じなかった方は、2週目完全攻略を目指さないとモッタイナイ映画だと思います。
「ハウルの動く城」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年03月25日 | コメント(3)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
初めまして!駿河屋@mamです♪
ハウルで検索してココにたどり着きました。

一回目は倍賞千恵子さんの声はあまりにも破壊的過ぎて、ストーリーどころじゃなかったです。。。(苦笑)
mamは2回目どころか数回は見て、世界観に浸る事ができ、ほのぼのとした気分にさせてくれました。

慣れって恐ろしい・・・あんなに違和感があった倍賞千恵子さんの声は今ではソフィーそのものの声に聞こえます。(笑)

トラックバックさせていただきます♪

※ご都合悪い時は削除してください。
Posted by 駿河屋手代見習@mam at 2006年03月26日 13:43
駿河屋@mamさん、コメントとTBありがとうございます。

ハウルで検索してここに辿り着くのは、大変だったでしょう?本当にありがとうございます!

こちらもmamさんの記事読まさせて頂きます。今後ともよろしくお願いします。
Posted by SoLo at 2006年03月26日 14:26
コメ&トラバ返しありがとうございました!!(ペコリ)
SoLoさんの所にたどり着くのにはそんなに大変ではなかったですよぉ。。。
goo検索ページでざっと、6ページ目くらいだったでしょうか!!!mam努力家です♪(ウソ)

昨日は途中でもう限界!と諦めましたが、学習能力が足りませんね。。。
また挑戦したくてうずうずしております♪(自爆)

でも、SoLoさんに共感いただけただけで、ハウルめぐりやって良かった♪と充実感いっぱいでございます。
グランマとヤングまでまだ見てませんが、良き情報ありがとうございました。。。
また、遊びにきますねぇ〜♪

Posted by 駿河屋手代見習@mam at 2006年03月27日 12:31
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/15448049
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

ハウルの動く城
Excerpt:毎度!!駿河屋手代見習@mamです。今日天気は{/kaeru_fine/}のち{/hiyoko_cloud/} 皆様はもう見ましたか?「ハウルの動く城」駿河屋商品は⇒こちら♪ mamは映画館に見に..
Weblog:メディアショップ駿河屋 なぜベス!
Tracked:2006-03-26 13:44
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。