→ TOPページ > 「亡国のイージス」専守防衛国の矛盾をイージス艦で表現。
アクション
「亡国のイージス」専守防衛国の矛盾をイージス艦で表現。
亡国のイージス 出演:真田広之, 寺尾聰, 勝地涼, 中井貴一, その他
監督:阪本順治
製作年/製作国:2005年/日本

福井晴敏さんの同名小説が原作です。 イージスとは、ギリシャ神話に登場する邪悪を払う盾の名です。本作の題材は、その名が付けられた艦隊防空システムを搭載した海上自衛隊の護衛艦です。
あらすじ…東京湾沖で 訓練を行っていた海上自衛隊イージス艦「いそかぜ」で、演習中に海士の死亡事故が起きてしまいます。それでも寄港しようとしない艦長に対し、 抗議に訪れた先任伍長の仙石は、副艦長の宮津から艦内に工作員が紛れ込んでいること、艦長は既に殺されており犯人が如月一等海士であることを告げられます。

如月が特殊兵器「グソー」を持ち込み、テロを企てていると知らされた仙石。誰より艦に詳しい彼は、既に艦底爆破に成功していた如月を、増設したハッチを使い捕獲 することに成功します。しかし、如月は自分が防衛庁情報局(DAIS)員で、副艦長や幹部が工作員と反乱を起こすのを阻止する為に潜入したと主張し始めます。

間もなく、宮津は艦底部浸水を理由に総員強制退去を命じます。一旦、艦から脱出した仙石ですが、避難しない宮津や幹部が腑に落ちない彼は、 単身艦底の穴から艦内に再侵入し、全ミサイルの照準を東京に合わせ始めた「いそかぜ」の奪還に乗り出します…。
専守防衛、攻撃できない軍事力が持つ矛盾をイージス艦で表現した本作。海上自衛隊や航空自衛隊の協力により、本物のイージス艦やF2支援戦闘機を使った撮影 が行われました。その結果、コンピューターグラフィックには無い重厚感が出ていると思います。

原作の文庫本は、上下巻合わせて約 900ページの超大作です。合わせて、孤軍がテロリストに立ち向かう映画は、面白いと言われるものが洋画にも邦画にもあります。 そんな中で、この作品に「映画」としての楽しみを求めた場合、比較的個々のエピソードが散漫に感じられてしまいます。2時間で表現しなければならない以上、 描く部分と描かない部分の取捨選択のセンスも重要です。

上述のエピソードやアクションに物足りなさを感じる反面、時世の状況もあって、テーマには非常に関心が持てます。過度な娯楽性を追求するより、 内容について自分なりに考え、鑑賞後に原作を読んでみるのがいいかもしれません。
「亡国のイージス」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年03月06日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。