→ TOPページ > 「アイランド」秘密を知ったクローンの生き残りを賭けた逃亡。
SFアクション
「アイランド」秘密を知ったクローンの生き残りを賭けた逃亡。
アイランド 特別版 出演:ユアン・マクレガー, スカーレット・ヨハンソン
   スティーブ・ブシェミ, ショーン・ビーン, 他
監督:マイケル・ベイ
製作年/製作国:2005年/アメリカ

監督は「アルマゲドン」や「パール・ハーバー」のマイケル・ベイ。スピード感溢れるアクション映画は十八番です。
あらすじ…2019年。 地球は大気汚染で人類の大半を失い、残された人々は完全管理された施設で暮らしていました。彼らの希望は、 地上に残された最後の非汚染地「アイランド」への移住者に選ばれることだけでした。

管理施設で暮らすリンカーンは、毎日きれいな服がたたまれて出てくることや、絶え間なく発見される生存者、日々与えられる仕事の意味について疑問を持っていました。 そんな彼は、ある日、施設内で絶滅したはずの昆虫を見つけたこと切欠に管理棟を抜け出し、医療施設でアイランド行きの当選者が命を奪われるところを目撃してしまいます。

慌てて管理棟に戻った彼は、仲の良かったジョーダンのアイランド行きが決まったことを知り、彼女を連れて施設から脱出します。施設の外で彼らが見たものは、 汚染など感じさせない、人間や動物が普通に暮らす世界でした。

その後、リンカーンは唯一の施設管理者側の友人マッコードを訪ね、彼から、自分達が臓器を提出するために作られた「クローン」であったことを知らされます…。
アクションシーンはスゴイの一言に尽きます。ヘリの墜落、巨大な看板の落下、カーチェイスでの車の大破など、実写撮影シーンも多く大迫力です。 是非、映像特典の「メイキング映像」をご覧ください。

テーマはかなり重いです。今後、人類が正に直面しそうなクローンの人格問題を取り扱っています。まるで植物のように無機質なプラントで生成されるクローン人間達。 作る側の人々の作業も機械的で、そこに生命誕生の神秘はなく、むしろ恐怖感を抱かせます。

重いテーマを爽快なアクション映画で描くギャップが克服できていない感じがしますが、迫力と臨場感のあるシーンの数々は見応えのある作品だと思います。
「アイランド」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年02月10日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/13095893
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。