→ TOPページ > 「ステルス」暴走した最新鋭ステルス戦闘機を追う。
SFアクション
「ステルス」暴走した最新鋭ステルス戦闘機を追う。
ステルス デラックス・コレクターズ・エディション 出演:ジョシュ・ルーカス, ジェシカ・ビール,
   ジェイミー・フォックス, その他
監督:ロブ・コーエン
製作年/製作国:2005年/アメリカ

ステルス戦闘機とは、電波吸収塗料を使用したり、機体からの電波の反射範囲を制限したり、高温による赤外線を抑えたりして、 探知レーダーに捕らわれにくくした戦闘機で、無人化なども進められています。
あらすじ…近未来のアメリカ。 テロの殲滅を計る為に特別に集められたベン率いるカーラ、ヘンリーの3大尉。彼らはエリートパイロットとして最新鋭の戦闘機に乗り、 日々チームワークを高めていました。そんなある日、ベン達はプロジェクト立案者の大佐から、編隊に1名加えることを命ぜられます。

新たに加わったのは通称「エディ」。極秘に開発された最新鋭無人ステルス戦闘機でした。早速最初のミッションから、 完璧な計算と無人ゆえの能力の高さを発揮するエディでしたが、任務中に落雷に見舞われ頭脳プログラムに異変を起こしてしまいます。

被雷した結果、密かに自我を手に入れたエディは、テロ組織が手に入れた核弾頭の破壊作戦の途中で、ベンの指示を無視し、罪もない人々まで巻き込んで任務を遂行してしまいます。 そして、更にエディは想定で作られた架空ミッションまで実行し始めます。エディを阻止する為に追跡を開始する3人ですが、エディの性能の前に苦戦を強いられます…。
最新のコンピューターグラフィックや視覚効果を使った映像は迫力満点で、戦闘機を題材にしているだけにスピード感は抜群です。 ストーリーや人間の描写などのドラマ部分は掘り下げず、ドッグファイトシーンなどを多様してテンポを重視した感じです。

ステルス性能が活かされたようなシーンが無く、エディのステルス機としての扱いには、物足りなさを感じるかもしれませんが、 ファイトアクションは結構楽しめると思います。映画館でこういう作品を見るのは、映画の一つの楽しみです。

戦闘機を題材にしたものは映画やゲームにそこそこありますので、目の肥えた方が多いですが、のけ反るぐらいの爽快感とアクションを満喫できれば、 「面白かった」と言える作品です。スタッフロールの後に少し映像があります。
「ステルス」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年01月14日 | コメント(2)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
SoLoさん、こんばんは。
TBさせていただきました。
全て応援して帰ります。
また遊びに来ま〜す。
Posted by 自由人 at 2006年05月30日 22:37
自由人さん、どうもありがとうございます!

コメントやTBの少ないブログなので、ウレシイです!後でこっちからもTBでオジャマします!
Posted by SoLo at 2006年05月30日 22:44
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/11885724
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

ステルス(2005)STEALTH
Excerpt:≪終わらせない、未来を。極秘任務ヲ遂行セヨ。≫ スピード感がたまりません。 まるでゲームをやっているようでハラハラ・ドキドキの連続でした。 CG・音響共にとても良かったですよ。 ストーリーは難..
Weblog:映画FANの館 DVDで楽しみませんか?
Tracked:2006-05-30 22:31
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。