→ TOPページ > 「ミリオンダラー・ベイビー」老トレーナーと女性ボクサーの絆。
ヒューマンドラマ
「ミリオンダラー・ベイビー」老トレーナーと女性ボクサーの絆。
ミリオンダラー・ベイビー 出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,
   モーガン・フリーマ, その他
監督:クリント・イーストウッド
製作年/製作国:2004年/アメリカ

2005年度アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の4部門でオスカーを勝ち取った作品。クリント・イーストウッドの25本目の監督作品です。
あらすじ…「自分を守れ」。 それが口癖のフランキーはボクシングジム「ヒット・ピット」のオーナートレーナー。彼は試合よりもボクサーを大事にするあまり、危険なタイトルマッチを許さず、 慎重過ぎるフランキーにシビレを切らしたボクサー達は、タイトルを取らせてくれるトレーナーを求めて、彼の元を去っていきます。

また一人、ヒット・ピット一番のホープ、ウィリーが彼のジムから居なくなったある日、入れ替わるように女性ボクサーのマギーが現れます。 彼女は家族や生活のことで苦労しており、ボクシングを唯一の希望にしていました。最初は彼女を相手にしなかったフランキーも、 マギーからボクシングを奪うことに忍びなく、彼女のトレーナーになる決心をします。

その後、フランキーの指導の甲斐あって、メキメキ腕を上げたマギーは連勝を重ね、チャンピオンを狙うまでになります。 そして、二人の間には師弟以上の絆が結ばれていきます。しかし、その絆が本当に試されるのは、マギーを襲った悲劇の後でした…。
フランキー役のクリント・イーストウッド、マギー役のヒラリー・スワンクの演技は勿論のこと、元ボクサーで現ジムの雑用係、 そしてこの物語の語り手スクラップ役のモーガン・フリーマンの織り成すヒューマンドラマがとても良い作品です。

栄光と過酷な運命の物語の中で、娘に絶縁されている老トレーナーと家族に不遇な女性ボクサーが、お互いの中に「家族」を見出し信頼の絆を紡いでいきます。 女性ボクサーに降りかかる理不尽なほどの不幸を経験した後も、二人は束の間に得た栄光と充足に幸せを見出せるのか…? クリント・イーストウッド監督の描く「シンプルなラブストーリー」はヘビー級です。

コンピューターを駆使した映画が多い昨今、人間ドラマを丁寧に描くことで存在感を得た作品です。
「ミリオンダラー・ベイビー」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2006年01月13日 | コメント(2)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
またお邪魔してます。この作品は僕も最近見ました。クリント・イーストウッドを久々に見て「おじいちゃんになったなぁ」と思わず言ってしまいました・・・。多分スペースカウボーイ(たしかこんな題名だったと思います)以来本人を見ていないような・・・。
またヒラリー・スワンクの体がほんとに引き締まっていくのがわかり役者魂を感じました。
 最近自分も腹の筋肉が・・・運動しないとと思う今日この頃です。でも寒いのはいやーーーー!!!!!!!!
Posted by 50M下 at 2006年01月17日 23:52
50M下さん、コメントありがとう!
クリント・イーストウッドも役者から監督になり、いい映画を作っておられます。正に映画界のクリエイターとして、その身を捧げてますよね。ヒラリー・スワンクも今後楽しみですね。

こういう映画を見ると、体を鍛えたくなりますね!今年は雪の日が多いので、外で運動するときは、滑って転ばないように気をつけてください!
Posted by SoLo at 2006年01月18日 00:13
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。