→ TOPページ > 「34丁目の奇跡」最高のクリスマスファンタジー。
ファンタジー
「34丁目の奇跡」最高のクリスマスファンタジー。
34丁目の奇跡 出演:マラ・ウィルソン, エリザベス・パーキンス
   リチャード・アッテンボロー, その他
監督:レス・メイフィールド
製作年/製作国:1994年/アメリカ

1947年のジョージ・シートン監督による映画化以来、ミュージカルでもお馴染みとなった「34丁目の奇跡」。 本作は、1994年に「ホーム・アローン」のジョン・ヒューズ氏が製作・脚本で参加したリメイク作品です。
あらすじ…ニューヨーク の西34丁目にあるデパート「コールズ」は営業不振でライバルデパートに買収される寸前でした。更に、クリスマス恒例のパレードの当日には、 サンタ役が酒に酔い潰れ、そこへ現れた老人クリスに注意される始末。イベント部のドリーは悩んだ末、サンタによく似ていたクリスをサンタ役に抜擢します。

彼のおかげでパレードを乗り切ったコールズは、彼をオモチャ売り場のサンタにも起用。利益を優先しないクリスの子供達への対応が功を奏し、 コールズの人気が戻り始めます。リアリストのドリーから「サンタは存在しない」と教えられていた娘のスーザンも、多国語や手話で会話し、 オモチャに博識なクリスを見て、にわかにサンタを信じ始めます。

しかし、コールズの巻き返しを快く思わないライバルデパートは、クリスを陥れ精神異常者に仕立て上げてしまいます。クリスと接する内に信じる心を取り戻し始めたドリーは、 ボーイフレンドで弁護士のブライアンにクリスの件を依頼し、コールズも全社を上げてクリスの応援キャンペーンを始めます。

かくして、クリスがサンタであることを証明する前代未聞の聴聞会が、ニューヨーク中を巻き込んで始まります…。
度々、映画や舞台でリメイクされている作品ですが、聴聞会での最後のシーンが少し違ったりします。映画では、この1994年の作品の終わり方が一番好きです。 何より、スーザン役の子がとってもキュート。彼女はクリスに「家とお父さんと弟が欲しい」と打ち明けます。 クリスがスーザンの願いを叶えられるかも、この映画のポイントです。

本作では、随所にクリスが起こす小さな「奇跡」が溢れています。そのどれもが結構凝った演出ですので、大人が見ても感動すると思います。 本当に誰もが「クリスがサンタ」と信じたくなるものばかりです。

クリスマスシーズンに見るには最高の1本だと思います。実際、映画館で見て以来、毎年見ているような気がします。 聖夜には本作のような夢のあるファンタジーが似合います。
「34丁目の奇跡」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年12月20日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/11885707
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。