→ TOPページ > 「ルパン三世 カリオストロの城」感動の冒険アニメ。
アニメ・CG
「ルパン三世 カリオストロの城」感動の冒険アニメ。
ルパン三世 - カリオストロの城 声の出演:山田康雄, 島本須美, その他
監督:宮崎駿
製作年/製作国:1979年/日本

モンキー・パンチ氏原作の「ルパン三世」に、宮崎駿氏が監督・脚本で参加した映画作品。 劇場用としては「ルパン三世(ルパンVS複製人間)」に続く2作品目になります。
あらすじ…モナコ の国営カジノから大金を盗み出したルパン三世と相棒の次元大介は、逃走の途中で盗んだお金が偽札だと気付きます。 偽札の出所がヨーロッパの小国「カリオストロ公国」であると分かった二人は、その秘密を暴く為、カリオストロへと向かいます。

早速カリオストロへとやって来たルパンと次元。突然、のどかな小国に似つかわしくないカー・チェイスに出くわした二人は、 黒ずくめの男達に追いかけられているウエディングドレス姿の女性に加勢を始めますが、敢え無く失敗し女性は連れ去られてしまいます。

女性の残していった手袋の中から、凝った山羊の意匠が施された指輪を見つけたルパン。その山羊の紋章に見覚えのある彼は早速調査を開始し、 連れ去られた女性がカリオストロ公国大公の娘クラリスであったこと、彼女が独裁を狙う摂政と政略結婚させられそうなことを知ります。

クラリスの両親の急逝により、空位となっている大公位。それを狙う摂政カリオストロ伯爵からクラリスを開放する為、ルパンは仲間の五ェ門を呼び寄せます。 しかし、彼の目論見を知った銭形警部がカリオストロに入国し、独自に偽札の潜入調査をしていた不二子も巻き込んで、事態は大混戦となります…。
アニメーション映画を代表するような良い作品だと思います。冒険的要素、凛としたヒロイン、背中で泣いてる優しいヒーロー。 全てが記憶に残る作品ですが、ラストの銭形警部のクラリスへの返答は、映画史上に残る名セリフです。

この映画が製作された1979年頃、アニメ映画は今のように幅広い世代に見てもらえるものではありませんでした。 しかし、この映画には大人にこそ心に響くものがあります。中年男を主人公に大人の美学を描いた本作は、大人こそ見るべき映画だと思います。

コアな「ルパン三世」ファンの中には、原作との雰囲気の違いから、この作品に対する批判的な意見もあるそうですが、偏見無く見ればかなり良い作品だと思います。 個人的には、この映画のルパン三世の雰囲気は好きです。大人の渋さ、優しさ、落ち着き、でもやる時はやるといった感じがたまらなく良いです。

「ルパン三世」と「宮崎駿監督」が上手くマッチした、とても清々しい作品です。
「ルパン三世 カリオストロの城」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年12月18日 | コメント(7)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
「ラストの銭形警部のクラリスへの返答」って何でしたっけ??この映画は好きです。基本的にルパンの映画は起承転結がきっちりしていて分かりやすいですね。3日間有給を取って富山県の氷見にブリを食べに行きました。最高に美味しかったです。今日の早朝にダメ人間になって帰ってきました。
Posted by umai at 2005年12月20日 11:32
umaiさん、お帰りなさい。
ルパンが逃げ去った後、それを見送るクラリスの所へ銭形警部がやって来ます。クラリスは「ルパンは何も盗まなかった」と主張しますが、銭形警部は…というシーンです。思い出しました?

富山ですか?いいですね。雪は大丈夫でしたか?もしかして、ブリを食べる為に行きましたか?もしそうなら、umaiさんのブログは趣味も兼ねてますね。

私はこの1年ぐらい「ダメ人間」やってます。次回の「ダメ人間コンテスト」でお会いしましょう。…そんなのあるのか?
Posted by SoLo at 2005年12月20日 13:47
今回はまたとんでもない作品を持ち出してきましたねぇ〜。
僕は確かに警部の台詞も大好きですが、エンディングに流れる曲も大好きですね。
物語終盤に現れる古代都市。「天空の城ラピュタ」にも同様の都市が描かれていますね。
ヒッチコック作品や、手塚作品と同じようにそのうちにどんな作品にもどこかで見たキャラクターが出てくるかも・・・。とちょっとだけ期待しているのは僕だけでしょうか・・・。

久しぶりで懐かしい作品を思い出さしていただき感謝です。
Posted by J.SAKAMOTO at 2005年12月22日 09:12
J.SAKAMOTOさん、こんばんは。
自分でも「何でもっと早くこの映画出さなかったのだろ?」って思います。いい作品ですよコレ!この映画のエンディング曲もいいですが、「ラブ・スコール」もいいですよ。

アルフレッド・J・ヒッチコック監督やM・ナイト・シャマラン監督は、自分の作品に顔を出すので有名ですね。手塚治虫さんの作品は「ヒゲオヤジ系キャラ」や「ヒョウタンツギ」なんかよく見ます。宮崎アニメも「ススハライ(まっくろくろすけ)」が作品をまたいで登場してますね。ファンにとっては、とても嬉しい演出です。
Posted by SoLo at 2005年12月22日 19:27
僕自身は手塚作品の中で「マリン・エキスプレス」が結構気に入ってます。
24時間テレビの中で放送された作品だと記憶しています。劇場で公開したのをテレビで使用したのかも知れませんが、遠い記憶の中だけの存在なのでご容赦願います。
個人的に手塚作品中の登場人物の中で「ブラック・ジャック」が好きなもので、いつ登場するのかを期待して待ってますね。
宮崎作品は、いわゆるお年寄りと呼ばれる域に達したキャラクター達がいい味を出していますよね。
ところで、「カプリコン1」は見つかりましたか?。
Posted by J.SAKAMOTO at 2005年12月25日 00:03
J.SAKAMOTOさん、こんばんは。
「カプリコン1」見つかりません…。そろそろネットでレンタルできるライブドアの「ぽすれん」なんかもやってみようかと思っていますので、近所のレンタルショップに無ければ、別の手段も考えて見ます。年末年始、たくさん映画を見たいですね!
Posted by SoLo at 2005年12月25日 22:11
「カプリコン1」は「カリオストロの城」ほどいい作品ではありませんので、あまり真剣に探されるとちょっと・・・。
今年賀状の作成で手一杯。
SoLoさんのブログをちゃんと内容まではしばらく無理になって来ました。
Posted by J.SAKAMOTO at 2005年12月27日 22:35
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。