→ TOPページ > 「遊星からの物体X」エイリアンの擬態は誰!?
ホラー・スリラー・オカルト
「遊星からの物体X」エイリアンの擬態は誰!?
遊星からの物体X 出演:カート・ラッセル,ウィルフォード・ブリムリー,他
監督:ジョン・カーペンター
製作年/製作国:1982年/アメリカ

根強いファンを持つジョン・カーペンター監督のエイリアンものホラー映画。1951年に 製作された「遊星よりの物体X」のリメイク作品です。
あらすじ…南極大陸の雪原を走る1匹の犬。 それをライフルで狙いながら追いかけるヘリは、アメリカの南極観測基地近くへと辿り着きます。外の騒ぎに気付き表に飛び出す基地の隊員達。 ヘリから降りてきた乗組員は犬を殺そうと、彼らに構う事無くライフルを発砲してきます。危険を感じたアメリカの隊員は、ヘリの乗組員を射殺します。

ヘリの乗組員がノルウェーの隊員であったことを確認したアメリカの隊員達。不審に思った彼らは、早速ノルウェー基地へ調査に向かいますが、 そこで彼らが見たものは、焼け落ちた基地と数々の死体、そして、何かを取り出した後のような氷の塊でした。

その夜、アメリカの観測基地の犬舎では、保護した犬が異形の物体へと変形し、周囲の犬を飲み込み始めます。何とか物体を火炎放射器で焼き殺した隊員達は、 事態を知る為にノルウェー基地で発見したビデオを見始め、ノルウェー隊が氷の中に埋まっていたUFOを調査していたことを知ります。

その後、アメリカ隊の生物学者により、犬に化けていた物体がノルウェー隊を全滅させたと判断されます。同時に、 物体は襲ったものに次々と同化していく能力があることが分かり、隊員達は敵味方の区別が付かない中、お互い疑心暗鬼に陥っていきます…。
視覚的な恐怖だけでなく、心理的な恐怖もしっかり描いている映画です。異形の物体は襲った獲物と同化し、姿かたちをソックリに変形できます。 孤立的な観測基地で、12人のクルーは誰が人間で誰が物体かが分からず、疑心暗鬼から諍いを始めます。この「敵が分からない」部分がエッセンスだと思います。

上述の通り、CGなど時代の技術に頼らなくてもよい怖さがあり、なかなか色あせないホラーに仕上がった作品ですが、特撮エイリアンの出来栄えも素晴らしいです。 顔が4つに割れる犬や、蟹のような足が生えた頭など、ものすごいインパクトで記憶にこびり付きそうなものばかりです。

視覚的・心理的恐怖、南極観測基地という孤立的な空間、12人の仲間が次々と減っていく状況。ホラー映画としてそそられる設定に富んだ映画です。 おまけにマスター・オブ・ホラーに数えられるジョン・カーペンター監督の作品ですから、大抵の方が満足できる内容だと思います。
「遊星からの物体X」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年12月17日 | コメント(3)を読む | トラックバック(1)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
この作品はかなり印象的でした。
原作(僕は英語が読めないので勿論日本語訳で、尚且つ小学生用の優しいものだと思いますが)も読みました。
南極と言うかなり限定された場所が設定なだけにものすごい興味を映画原作ともにひかれました。
南極だったらありかな?みたいな事もついつい考えてしまいましたね。
今でも南極は隕石の宝庫ですし何が埋まっていてもおかしくないですよね〜。
Posted by J.SAKAMOTO at 2005年12月29日 21:02
CGのない時代の非常に良く出来た映画だと思います。
私のオススメの一本です。
今まで何度観たのか、数え切れないですね。
Posted by 自由人 at 2006年06月17日 20:07
この映画は本当にスゴイですよね?特撮もスゴイですが、誰が敵だか分からない恐怖感がスバラシイです。ホラーの傑作です。ジョン・カーペンター監督の作品中でも1、2を争う良く出来た作品だと思います。
Posted by SoLo at 2006年06月17日 22:58
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/11885704
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。

遊星からの物体X(1982)
Excerpt:この映画、今まで何回観たかな・・・つい観てしまうんですよね。 ジョン・カーペンター監督の最高傑作だと思います。 この時代はCGではないんですね。でも炎や爆破シーンは迫力満点です。 CG無しでよく..
Weblog:映画FANの館 DVDで楽しみませんか?
Tracked:2006-06-17 20:08
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。