→ TOPページ > 「チャーリーとチョコレート工場」貧しい少年の夢が叶う。
ファンタジー
「チャーリーとチョコレート工場」貧しい少年の夢が叶う。
チャーリーとチョコレート工場 出演:ジョニー・デップ, フレディー・ハイモア, 他
監督:ティム・バートン
製作年/製作国:2005年/アメリカ

ロアルド・ダール原作のティーンノベルを 映画化したものです。ティム・バートン監督とジョニー・デップは、これが4度目のコラボレーションです。
あらすじ…主人公チャーリー少年の住む街に、 山のようにそびえ立つチョコレート工場。その工場の主ウィリー・ワンカは、不思議なチョコやお菓子を作る天才でした。 しかし、不思議なチョコ作りの秘密が、従業員から他社に漏れたことを知ったワンカ氏は、すぐさま工場を閉鎖してしまいます。

長い間沈黙したままの工場とワンカ氏でしたが、ある日、街に工場の見学者を募集するビラが張り出されます。見学を許されるのは、ワンカ社のチョコの中から、 金色の招待券を見つけられた5人の子供達のみ。チャーリーも見学に行きたくて仕方が無いのですが、家が貧しいため、 買ってもらえるチョコは誕生日プレゼントの1個のみでした。

所詮1個のチョコレート。家族の見守る中開封したチョコは、敢え無くはずれてしまいます。もう諦めていたチャーリーでしたが、偶然雪道で1ドル紙幣を拾います。 お母さんにあげれば、家族の食事の足しになると分かっていながら、チャーリーは我慢できずに1ドル紙幣でチョコを買ってしまいます。しかし遂に、 チャーリーの空けたチョコの中から金色に輝く招待状が現れます。

見学の日、チャーリー達5人と保護者は、とうとう念願のチョコレート工場の見学を始めるのですが、そこで待ち受けていたのは、 不思議な世界とチョコレート作りの秘密、そして、無邪気さを失った子供達への過酷な運命でした…。
とても原作に近い仕上がりの映画だと思いました。原作と映画の印象が違うことはよくあります。しかし、本作はワンカの生い立ちなどを追加し、 工場内で登場する小人の歌も上手く仕上げ、尚且つ、原作の面白味をほぼ損なっていないように感じました。

チャーリー役のフレディ・ハイモアは「ネバーランド」でジョニー・デップと共演しており、 その縁でキャスティングされています。 ジョニー・デップとティム・バートン監督も「シザーハンズ」以来の信頼関係にあり、 こういった繋がりが映画に安定感を与えているように思えます。

原作はティーンノベルですから、メルヘンチックな部分で好き嫌いが分かれるかもしれませんが、 個人的には、ロアルド・ダールテイストのビターなジョークも効いていて、良い作品だと思います。
「チャーリーとチョコレート工場」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年12月09日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。