→ TOPページ > 「クリムゾン・タイド」軍事行動中の潜水艦でクー・デターが発生。
アクション
「クリムゾン・タイド」軍事行動中の潜水艦でクー・デターが発生。
クリムゾン・タイド 特別版 出演:デンゼル・ワシントン, ジーン・ハックマン, 他
監督:トニー・スコット
製作年/製作国:1995年/アメリカ

軍事行動中の潜水艦内で起こる男と男のぶつかり合いを描いた、緊張臨界状態のサスペンスアクション映画。ジェリー・ブラッカイマー製作です。
あらすじ…チェチェンで起こった紛争に端を発し、ロシア内で反乱が勃発。 反乱軍は核ミサイル基地の占拠に成功し、政府軍が攻撃を仕掛けた場合は「日米への核攻撃をする」と宣言します。 政府軍が「反乱軍は核の発射コードを知らない」と踏む中、事態を重く見たアメリカは弾道ミサイルを積んだ潜水艦「アラバマ」に出撃を命令します。

実戦経験のある叩き上げ艦長ラムジー大佐と、この日アラバマ初乗艦となるエリート副長ハンター少佐。直ちにロシア海軍基地近海を目指して出港する二人でしたが、 ラムジー艦長とハンター副長のオペレーションに対する考え方には生き様から来る違いがあり、だんだんと二人の間に軋轢が生じていきます。

そんな時、本部から緊急行動命令が発令され、反乱軍の暗号解読を知ったアラバマは、弾道ミサイル発射準備を始めます。深度を下げていたアラバマは、 今後の命令に備えラジオブイを海上へ上げようとしますが、ウインチの故障で大きな音を出してしまい、敵艦に気付かれる結果となります。

辛くも逃げ切ったアラバマでしたが、バッド・タイミングに受信した命令は「ミサイル発射は…」で交信不能となり、「続行」の艦長派と「中止」の副長派でついに対立は爆発してしまいます。 日米に向けられた核弾頭、敵艦に追われるアラバマ、先制攻撃をめぐる二派の対立。時間との戦いの中、全ては交信の回復に委ねられます…。
潜水艦を題材にした映画はたくさんあり、「潜水艦映画に外れ無し」と言われるだけあって面白いものが多いです。いずれも緊迫の閉鎖空間で、 内部と外部の問題を解決していかなければならない状況を上手くドラマにしています。本作も凄く緊張感のある映画で、手に汗握る内容です。

俳優さんの演技も迫真です。ジーン・ハックマンの存在感は揺ぎ無いものですが、デンゼル・ワシントンも知的な感じがいいです。 二人の駆け引きは強烈なインパクトがあります。その他のクルーもちゃんと存在感がありますので、全体として人間ドラマも秀逸なものとなっています。

全ての作品が「外れ無し」とは思いませんが、潜水艦映画は漁る価値ありです。大抵の映画で骨格のしっかりとした物語が見られると思います。 設定が似たものになり易いという難点もありますが、本作のように登場人物が個性的に描かれていると、それもたいした問題ではありません。

潜水艦映画を見るなら、最初の1本目に持って来いの作品だと思います。
「クリムゾン・タイド」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年12月05日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。