→ TOPページ > 「十二人の怒れる男」1室で繰り広げられる名作陪審員ドラマ。
サスペンス
「十二人の怒れる男」1室で繰り広げられる名作陪審員ドラマ。
十二人の怒れる男 出演:ヘンリー・フォンダ, リー・J・コッブ, その他
監督:シドニー・ルメット
製作年/製作国:1957年/アメリカ

陪審員制度裁判の下、場所をほぼ陪審員室に固定し、集まった12人の審議の行方を描いた映画です。もとはテレビドラマだったものを映画化した作品です。
あらすじ…ある夏の暑い日。 今しがた17歳の青年の父親刺殺容疑の審理が終わったニューヨーク法廷では、全員一致の表決を得る為、陪審員12人が一室に集まっていました。 目撃者、親子の争いを聞いた者、凶器に使われた特殊なデザインのナイフ。全ての証拠が少年の犯行を裏づけ、有罪確定が明白のように思われた一度目の表決は、 一人の無罪主張者によって思わぬ結果に終わります。

少年の審議が十分行われないことに疑問を感じた8番陪審員。証言者の話に間違いがあるかもしれないと主張する彼は、冷たい視線の有罪派から説得を受けます。 しかし、凶器に使われ、少年が「失くした」と主張する特殊なナイフに話が及んだ時、おもむろにポケットに手を入れた8番陪審員は、 それと同じ型のナイフを取り出し机に差し出します。

凶器と同じデザインのナイフが誰にでも入手可能なことが証明され、二度目に行われた表決で8番陪審員の話に賛同する者が現れます。 にわかに降り出す雨。蒸し暑い室内。緊迫の空間で進む審議は、徐々に証言のほころびを暴きだし、遂に無罪派の人数が有罪派の人数を上回り始めます…。
場面がほぼ全て陪審員室に限られる本作。証言の穴が少しずつ暴かれていく様子や、人間同士のぶつかり合いなどが秀逸な傑作だと思います。 あえて場面を縛った映画は、見る側を最後まで惹きつけるにはそれなりの魅力が必要ですが、この映画にはそれが十分あります。

本作は、ミステリー的な要素もよく出来ていますし、陪審員12人の個性もよく描かれています。何より、理詰めで少年の有罪に疑わしい点があることを証明し、 無罪の賛同者を「一人、また一人」と増やしていき、有罪・無罪の人数が逆転していく過程はとてもスリリングです。

こういう良い作品はやはりオマージュした作品がいくつか作られていて、 中でも三谷幸喜さんが脚本を書かれた「12人の優しい日本人」は、 展開に一工夫あり(タイトルでおよその見当が付きそうですが…)、「十二人の怒れる男」を知っていても楽しめます。
「十二人の怒れる男」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年11月25日 | コメント(2)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
懐かしいですね。この映画。
映画好きの兄が一度借りて来たのを一緒にみた記憶があります。
ただ残念なのは、内容を殆ど覚えていない事です。
ただ、強烈に印象にあるのが、少年が凶器に使用したとされるナイフと同じものを主人公が取り出す。違法行為に該当するのを覚悟の上での「有罪」主張者とのやり取りです。
学生だったのでそれくらいしか覚えていませんが、今だったらどんな感想を持つのか・・・。いかんせん資金難のため・・・。
これ以上は墓穴となりますので。。。
Posted by J.SAKAMOTO at 2005年12月04日 15:03
J.SAKAMOTOさんへ
多分リメーク版が出てますから、そちらを見られてはいかがですか?個人的には、ヘンリー・フォンダの方がいいですけど…。まぁ、この映画は私はかなり気に入ってますので、是非いろんな方に見ていただきたいです。
Posted by SoLo at 2005年12月05日 02:47
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。