→ TOPページ > 「スウィングガールズ」女子高生ジャズバンド青春映画。
青春ドラマ
「スウィングガールズ」女子高生ジャズバンド青春映画。
スウィングガールズ スタンダード・エディション 出演:上野樹里, 貫地谷しほり, 豊島由佳梨, 平岡祐太
   竹中直人, 白石美帆, その他
監督:矢口史靖
製作年/製作国:2004年/日本

ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督による、「高校生達、 みんな青春を一所懸命楽しめ!」映画です。
あらすじ… 夏休みに学校で補講を受けていた友子は、 ふと見た窓の外に、野球応援に行った吹奏楽部からの注文を渡し損ねたお弁当屋さんを発見します。補講をさぼるため、先生にお弁当の配達を提案する補講組。 なんとか上手く補講を中止にした友子達でしたが、乗り込んだ電車で寝過ごし1駅歩いて戻る羽目になります。

球場に着いてお弁当を渡し終えた友子達。しかし、炎天下の中、長時間歩いた為にお弁当は腐ってしまい、それを食べた吹奏楽部員は一人を除いて全滅。 唯一残った部員の中村は、友子達の失態を見抜いて責め立て、彼女達に次の野球部の試合に吹奏楽部員として参加することを要求します。

渋々の友子達は「補講よりまし」と承諾。早速少ない人数をカバーできるビッグバンドジャズを組んだ彼女達でしたが、少しずつ上達が見え面白味を感じ始めた頃、 予想以上に早く回復した吹奏楽部員達が戻ってきます。「ホントにやらされるかと思った」と見栄を張る友子達ですが、内心では悔しくて下校途中で泣き始めます。

吹奏楽部の代わりはしなくてよくなったものの、ジャズの魅力に取り付かれた友子達。気持ちの収まらない彼女達は、遂に自分達でバンドを結成することを決意し、 楽器を買うためにアルバイトを始めます…。
「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」と見て、監督や製作スタッフの皆さんは、高校時代というものに特別な意味を持たれているように感じました。 とても大事な3年間に、一人で出来ないことを皆で一所懸命やり、挫折や成功を共有することは大切なことだと感じます。

映画内で友子達が演奏する「A列車で行こう」「ムーンライトセレナーデ」「シング・シング・シング」などのジャズナンバーは、全て彼女達本人の演奏だということです。 長期に渡る猛特訓を経て挑んだそうですので、目に楽しい、耳に楽しい映画になっています。

「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」2作品とも、随所に小ギャグが散りばめられていて、個人的に「ツボ」です。 高校生主体で、その他は有名な俳優さんでも短時間しか登場しませんが、大事なアクセントになっています。 他にも多々ある細部へのこだわりも、矢口史靖監督作品の見所だと思います。

本当に矢口監督は「小技の魔術師」です。すばらしい。
「スウィングガールズ」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年11月20日 | コメント(2)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
この映画はいろいろとダブった映画がありましたが皆さんは多分「ウォーターボーイズ」とダブったのではないでしょうか?当然ですよね・・・。しかし私は「天使にラブソング」?とダブってしまいました・・・。系統は同じだと思うんですが・・・。なかなか良かったとは思うのですが、「天使にラブソング」がやはり強烈でした。
Posted by 50M下 at 2006年03月29日 22:59
50M下さん、どうも!
話の流れは似てますね。…なんか「天使にラブソングを」もう一回見たくなってきました!でも、どっちかというと「天使にラブソングを2」の方が、かぶるかもしれません?……なんか「天使にラブソングを2」もう一回見たくなってきました!

学生が頑張る映画は清々しいですよね!「帯をギュッとね!」とか誰か映画化してくれないかな?………なんか「帯ギュ」もう一回読みたくなってきました!
Posted by SoLo at 2006年03月29日 23:22
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバック
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。