→ TOPページ > 「コヨーテ・アグリー」エネルギッシュに夢を追う女性達。
青春ドラマ
「コヨーテ・アグリー」エネルギッシュに夢を追う女性達。
コヨーテ・アグリー 特別編集版 出演:パイパー・ペラーボ, アダム・ガルシア, その他
監督:デヴィッド・マクナリー
製作年/製作国:2000年/アメリカ

ジェリー・ブラッカイマー製作。ニューヨークに実在するバー「コヨーテ・アグリー」を題材に、 若い女性のサクセスストーリーを描いたエネルギッシュな作品です。
あらすじ…ソングライターになることを夢見て、 不摂生な父親をニュージャージーに残すことをためらいながらも、ニューヨークへやって来たヴァイオレット。 しかし、憧れの大都市ではレコード会社に門前払いされ、空き巣に有り金を取られてしまい、失意のスタートとなります。

途方に暮れて一人カフェにたたずむヴァイオレット。そこで彼女は、突然その日の稼ぎを賭けてギャンブルを始めるエネルギッシュな女性達に出会います。 興味を持ったバイオレットは女性達が働くバー「コヨーテ・アグリー」を突き止め、オーナーのリルに試しに雇ってもらえるところまで話を漕ぎ着けます。

仕事初日。バーにやって来たバイオレットは、そこで従業員の女性達の凄まじいパフォーマンスを目にします。音楽業界志望なのに人前で歌うことが怖く、 今までチャンスが掴めなかったヴァイオレット。そんな彼女も失敗を繰り返しながら少しずつ客をあしらえるようになっていきます。

そんなある日、未だダンス・パフォーマンスまではできなかったヴァイオレットは、酔客の起こした騒動を収拾する為、とうとうマイクを持って歌い始めます。 歌う従業員の誕生に沸き立つコヨーテ・アグリー。明るくタフに生きること覚えたヴァイオレットは、更なる問題を乗り越えながら、再び音楽業界に自分を売り込み始めます…。
見終わった後、とても爽快になる青春サクセスストーリーです。バーでヴァイオレットが歌い始めるシーンがゾクゾクします。 狭い範囲しか見ず悩んでいる人が居る一方、エネルギッシュに夢の実現を計っている人が居る。自分も頑張らねばと元気を与えてくれます。

モア・コヨーテ・アグリー この映画のもう一つの魅力は、映画中に散りばめられたリアン・ライムスの曲です。リアンは幼いころから数多くの賞を受賞しているカントリー出身のミュージシャンで、 記録の中には「史上最年少14歳で第39回グラミー賞最優秀新人賞を獲得」というのもあります。

映画の最後には、リアン・ライムス本人の役で登場もしていますが、それまでの「普通の少女」からのビジュアル的な変化には驚きです。 この映画で、ポップもロックも歌えることを大々的に宣伝できたと思います。

とにかく歌が上手い。映画のサントラもいいですが、リアンのアルバムはもっとオススメしたいです。 映画で使われている曲も入っている「アイ・ニード・ユー」あたりのアルバムを是非聞いてみてください。元気になれます。
「コヨーテ・アグリー」のレビューを…
→ インターネットショッピングサイトのAmazon.co.jpで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのTSUTAYA DISCASで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのlivedoor ぽすれんで探す。
→ オンラインDVDレンタルショップのDMMで探す。
blogranking2.gif *ブログランキングに参加しています。右の画像をクリック(投票)して貰えると嬉しいです。
posted by SoLo at 2005年11月16日 | コメント(0)を読む | トラックバック(0)を見る
ページの上へ
この記事へのコメント
只今、この記事へのコメントはありません。
ページの上へ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック
この記事へのTrackBack URL : http://blog.seesaa.jp/tb/11885677
※「TBスパム」や「このブログへのリンクが無いTB」は、「削除」あるいは「TB返し」させて頂きます。
ページの上へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。